ジャズ・コンポーザーズ・オーケストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャズ・コンポーザーズ・オーケストラ
Jazz Composer's Orchestra
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル アヴァンギャルド・ジャズ
活動期間 1965年 - 1975年

ジャズ・コンポーザーズ・オーケストラJazz Composer's Orchestra)は、オーケストラでアヴァンギャルド・ジャズを演奏するため、1965年にカーラ・ブレイとマイケル・マントラーによって結成されたアメリカ合衆国のジャズ・グループである。

その起源は、ジャズ・コンポーザーズ・ギルドにある。これは、ビル・ディクソンが1964年にニューヨークで開催した一連のコンサート「ジャズの十月革命」とその後の定期的なパフォーマンス・イベントから生まれた組織である。ブレイとマントラーによって結成されたビッグバンドは、ジャズ・コンポーザーズ・ギルド・オーケストラとして知られるようになり、1965年4月に最初のレコードを作成した。ギルドの終焉後、ジャズ・コンポーザーズ・オーケストラとして継続した。非営利組織であるJazz Composers Orchestra Association Inc.(JCOA)は、1966年に設立された。

オーケストラの最初のリリースは1965年のアルバム『コミュニケーション』であった。1968年の2枚組アルバム『ジャズ・コンポーザーズ・オーケストラ』は、ソリストのセシル・テイラードン・チェリー、ラズウェル・ラッド、ファラオ・サンダースラリー・コリエルガトー・バルビエリをフィーチャーした[1]

JCOAレコードは、オーケストラとそのメンバーからのリリースのために設立された。

アルバムには、ラズウェル・ラッド、クリフォード・ソーントン、ドン・チェリー、リロイ・ジェンキンス、グレイシャン・モンカー3世の委託作品が含まれていた。グループの最後のパフォーマンスは1975年であった[2]。グループの活動により、New Music Distribution Service(NMDS)として知られるレコード配信会社が設立された。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『コミュニケーション』 - Communication (1965年)
  • 『ジャズ・コンポーザーズ・オーケストラ』 - The Jazz Composer's Orchestra (1968年) ※produced by マイケル・マントラー
  • 『エスカレーター・オーヴァー・ザ・ヒル』 - Escalator over the Hill (1971年) ※a chronotransduction by カーラ・ブレイ & ポール・ヘインズ
  • 『相対性組曲』 - Relativity Suite (1973年) ※produced by ドン・チェリー
  • 『ニューマチック・スイング・バンド』 - Numatik Swing Band (1973年) ※produced by ラズウェル・ラッド
  • 『ハーレムの園』 - The Gardens of Harlem (1975年) ※produced by クリフォード・ソーントン
  • 『熱禱』 - Echoes of Prayer (1975年) ※produced by グレイシャン・モンカー3世
  • 『フォ・プレイヤーズ・オンリー』 - For Players Only (1975年) ※produced by リロイ・ジェンキンス

脚注[編集]

[ヘルプ]