ジャック・ゼリグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャック・ゼリグ

ジャック・ゼリグ(Big jack Zelig、1888年5月13日 - 1912年10月5日)はニューヨークのユダヤ系ギャングイーストマンズのボス(1908-10年)。

ロウアー・イースト・サイド生まれ。地元の窃盗団Crazy Butchでスリ稼業をしていたが、1890年代後半イーストマンズのメンバーとなると急速に頭角を現し、1908年マックス・ツヴェルバッハの後を継いでボスとなった。 副ボスにジャック・シロッコチック・トリッカー英語版を据え75人のメンバーを率いた。

1911年強盗で捕まり、同年出所すると、ボスの座を狙うシロッコとトリッカーの策謀を、メンバーの密告で知らされ、刺客ジュリー・モレル英語版を返り討ちにした。1912年裁判所を出る時ファイブポインツ一味のルイス・ピオッジ英語版に首を撃たれたが、奇跡的に助かった。

当時NYPDの汚職警部補チャールズ・ベッカーの下請け屋として、やみ賭博の上がりの取立てをしていた。上がり金の納付を拒否した反抗的な賭博屋ハーマン・ローゼンタールの暗殺を依頼されると、イーストマンズの末端ギャング団レノックス・アヴェニュー・ギャング英語版の一味とともに、白昼、高級ホテルの前で暗殺した。ショッキングな事件として全米中に新聞大見出しで伝えられ、ゼリグ一味はいっせいに検挙されたが、事件の背後を疑われたベッカー警部補も逮捕された。1912年10月5日、事件の公判の前日、路面電車に乗るところを無名ガンマンに殺された。ゼリグの証言を恐れたベッカーが黒幕とされた(ベッカーは有罪が確定し1915年電気椅子で処刑された)。