ジャック・ド・ジャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジャック・ド・ジャン(Jacques de Jant, 1626年-1676年9月)は、フランスディジョン出身の国家官吏、著述家。著作を発表する際には、ル・シュヴァリエ・ド・ジャン(Le chevalier de Jant, ル・シュヴァリエは騎士の意。後述も参照)の筆名をしばしば用いた。

ジャック・ド・ジャンは、ディジョン財務局財務官ピエール・ド・ジャンの息子として、1626年に生まれた。青年期にマルタ騎士団の騎士となり(後年の筆名はこのことに因む)、その後、国王ルイ14世の弟オルレアン公フィリップの家令(intendant)となり、貴重品陳列室守衛を兼務した。

1655年には、ルイ14世から国境警備の総責任者(capitaine et garde général des frontières)と海軍監査役(commissaire de la marine)に任命され、同じ年には、ポルトガルへ派遣されている。その際、フランスの海事総監(surintendant général de la navigation en France)ヴァンドーム公から海軍の全権を委任される形で交渉に当たった。

彼は最終的に国務院(コンセイユ・デタ)のメンバーに選ばれている。その傍らで歴史書『オスマン伝』をはじめ、複数の著書を発表した。


著書[編集]

  • 『トルコ皇帝にしてメフメト4世の兄弟イブラヒムの息子、オスマン伝 L'histoire du prince Osman, fils du sultan Ibrahim, empereur des Turcs, et frère de Mahomet IV.』(パリ、1665年)
    1670年に増補版が刊行された。なお、表題をはじめ、事実誤認が指摘されている。
  • 『世界の誕生を含む好奇心をそそる神学 Théologie curieuse, contenant la naissance du monde』(ディジョン、1666年)
  • パラスの楯メデューサ、あるいは表題の風刺書に対するフランスの為の防衛 La Meduse bouclier de Pallas ou Deffence pour la France contre un libelle intitulé』(ディジョン、1666年-1667年頃)
  • ノストラダムス百詩篇集から引用された予言 Prédictions tirées des Centuries de Nostradamus』(刊行地未詳、1672年)
  • 『ルイ14世の御世の長さと幸福に関するノストラダムスの予言 Prophetie de Nostradamus sur la longueur des Jours et la félicité du règne de Louis XIV』(刊行地未詳、1672年)
    この2冊は、(彼の立場と書名から容易に見当が付くことであるが)ルイ14世に好意的な予言解釈を行うものとなっている。なお、彼はルイ14世に捧げた六行詩を収録していたのだが、17世紀末のノストラダムス予言集の中には、それをノストラダムス作と勘違いして収録した版が複数あった。翌年、合本の上で増補された(表題は『ノストラダムスの百詩篇集から引用された予言』。刊行地はルーアンと推定されている)。彼の解釈は「当代の一知識人」の見解として、17世紀末に出されたいくつかの『予言集』の版に採用されている。

上記のほか、『ポルトガル宮廷におけるル・シュヴァリエ・ド・ジャンの指導と交渉』と題する未公刊の手稿があったようである。


参考文献[編集]

  • Hoefer(direction), Nouvelle biographie universelle depuis les temps les plus reculés jusqu'à nos jours, Tome 26, Paris, 1858
  • Louis-Gabriel Michaud, Biographie universelle ancienne et moderne, Paris, Tome 19, 1859
  • Roman d'Amat et als.(direction), Dictionnaire de biographie française, Tome 18, 1994
  • Robert Benazra, Répertoire chronologique nostradamique(1545-1989), Paris,1990