ジャック・フェヴリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャック・フェヴリエ
Jacques Février & Maurice Ravel 1937.jpg
左:ジャック・フェヴリエ 右:モーリス・ラヴェル(1937年)
基本情報
生誕 (1900-07-26) 1900年7月26日
出身地 フランスの旗 フランスサン=ジェルマン=アン=レー
死没 (1979-09-02) 1979年9月2日(79歳没)
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

ジャック・フェヴリエ(Jacques Février, 1900年7月26日 サン=ジェルマン=アン=レー - 1979年9月2日 エピナル)はフランスピアニスト

経歴[編集]

サン=ジェルマン=アン=レー生まれ。父親アンリは作曲家であった。パリ音楽院にてエドゥアール・リスレマルグリット・ロンの薫陶を受け、1921年に首席となる。

1932年プーランクの《2台のピアノのための協奏曲》の世界初演において、作曲者自身と共演。ラヴェルの《左手のためのピアノ協奏曲》のフランス初演においては、作曲者自身によってソリストに大抜擢された。

フランス音楽の数々の録音を遺しており、とりわけ1963年のラヴェルのピアノ独奏曲の録音は、シャルル・クロ・アカデミーよりグランプリ・デュ・ディスク賞を授与された。

脚注[編集]