ジャッコ・ジャクジク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
  • ジャッコ・ジャクジク
  • Jakko Jakszyk
JMJI2014.jpg
キング・クリムゾン在籍時代(2014年)
基本情報
出生名
  • Michael Lee Curran
  • Michael Jakszyk(現:本名)
別名
  • Jakko
  • Jakko M. Jakszyk
生誕 (1958-06-08) 1958年6月8日(62歳)
イングランドの旗 イングランドロンドン
出身地 ハートフォードシャー州スリー・リバース区クロックスリー・グリーン
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1976年 - 現在
レーベル
共同作業者
公式サイト jakko.com

ジャッコ・ジャクジクMichael "Jakko" Jakszyk1958年6月8日 - )は、イングランド出身のロックミュージシャンシンガーソングライター音楽エンジニア

主にロックの分野で活動しているマルチプレイヤーで、著名なバンドでは「21stセンチュリー・スキッツォイド・バンド」「キング・クリムゾン」などに在籍している。

(作品におけるクレジットは「Jakko Jakszyk」だけでなく「Jakko」「Jakko M. Jakszyk」などがある。また、日本でのメーカー表記は「ジャッコ・ジャクスジク」、媒体によって「ジャッコ・ジャクジク」と表記されることもあり、ポーランド語では「ジャッコ・ジャクチェク」とも発音する。本人への取材情報から、ここでは「ジャクジク」を採用する)

略歴[編集]

1958年、首都ロンドンにてアイルランド系の親元に生まれる。出生名はマイケル・リー・カーラン。実父は米国人で、実母はアイルランドのショウバンド「ジャック・ルアン・ショウバンド」(Jack Ruane Showband)で活動した歌手ペギー・カーラン(Peggy Curran)。1歳の頃ポーランド移民の家庭に養子に出され[1]、名前もマイケル・ジャクジクとなりハートフォードシャー州で育った。

少年時代から音楽を趣味とし、さらに14歳でロンドンの青少年演劇養成所「ナショナル・ユース・シアター」に入団し演技を学ぶ。しかし本命ではサッカー選手になる夢を描いていたが、15歳の頃に地元の名門クラブ・ワトフォードFCユースの入団テストで落選した。

1974年、養父との確執(ポーランド語と英語の意思疎通悪化など)もあって16歳で家を出る。生活のため、俳優やミュージシャンで生計を立てながら音楽キャリアをスタート。アマチュアバンドを率いたりローカルグループを転々とした後、1976年ロックバンド64 Spoons」に加入。1980年まで在籍し、ここでシンガーソングライター音楽エンジニアの腕を磨いた。

脱退後、カンタベリー系ミュージシャン、デイヴ・スチュワートらとのバンド「Rapid Eye Movement」などを経て、ソロ活動を開始。1982年に初のソロ・アルバム『Silesia』を制作する。その後1990年代までソロ作品のリリース、「レベル42」や「ザ・キンクス」など著名なバンドにもサポートで参加した。

2002年、元キング・クリムゾンのメンバーと、同トリビュートバンド21stセンチュリー・スキッツォイド・バンド」を結成。2004年まで活動し来日公演も果たした。これが本家キング・クリムゾンを主宰するロバート・フリップの目に留まり、交流が始まる[2]

2007年のソロ・アルバム『ロマンティック・グリー・クラブ』にフリップがゲスト参加するなど更なる親交を深め、2011年メル・コリンズ(元キング・クリムゾン)を加えた連名で「ア・キング・クリムゾン・プロジェクト」を開始。同年にアルバム『ア・スケアシティ・オブ・ミラクルズ』を発表する。

これらの共演がプログレッシブ・ロックバンド「キング・クリムゾン」の活動再開へと繋がっていき、2013年から正式メンバーに迎えられた。以降、同バンドの中心として活動している[3]

2020年には、11年ぶりのソロアルバムとなる『Secrets & Lies』を発表。これまでの人脈から多数のゲストが参加した[4]

人物[編集]

姓名の「Jakszyk」は、ポーランド系の姓を誤記されてしまった不正確なスペルである。養父がポーランド移民であり、イギリス移民局担当者の不備によって登録されたものと説明している。そのため発音も含め、正確なものは本人も不明瞭な記憶しかない[1]

音楽的スタイルは、キング・クリムゾンカンタベリー系グループらの「ジャズ・ロック」「プログレッシブ・ロック」などをルーツとしている。ただし、1980年代以降のネオ・プログレッシブ・ロック(ポンプ・ロック)については、『70年代のプログレは、多彩な背景を持つブレイヤーが創るから新鮮だったが、プログレだけのファンだった人間がプログレをやってもあまり面白味がない』と興味は薄い[5]

64 Spoons時代に知己となったデイヴ・スチュワートとは親交が深く、共演やゲスト参加が多い。

私生活では、英国のミュージシャン マイケル・ジャイルズ(元キング・クリムゾン)の次女アマンダ・ジャイルズ(Amanda Giles)を妻としており、子供が2人(男女)いる。

ディスコグラフィティ[編集]

ソロ / 連名プロジェクト[編集]

ソロ・アルバム
  • Silesia (1982年)
  • Mustard Gas and Roses (1994年)
  • Kingdom of Dust (1994年)
  • Are My Ears on Wrong? (1995年)
  • The Road to Ballina (1997年)
  • 『ロマンティック・グリー・クラブ』 - The Bruised Romantic Glee Club (2007年)
  • Waves Sweep the Sand (2009年)
  • Secrets & Lies (2020年)
トム・ロビンソン / ジャッコ M ジャクジク
  • We Never Had It So Good (1990年)
ジャクジク / フリップ / コリンズ(ア・キング・クリムゾン・プロジェクト)
  • 『ア・スケアシティ・オブ・ミラクルズ』 - A Scarcity of Miracles (2011年)

21stセンチュリー・スキッツォイド・バンド[編集]

ライブ・アルバム
  • 『オフィシャル・ブートレグ Vol.1』 - Official Bootleg V.1 (2002年)
  • 『ライヴ・イン・ジャパン 2002』 - Live in Japan (2003年)
  • 『ライヴ・イン・イタリー』 - Live in Italy (2003年)
  • 『ピクチャー・オブ・ア・シティー ライヴ・イン・ニュー・ヨーク』 - Pictures of a City – Live in New York (2006年)

キング・クリムゾン[編集]

ライブ・アルバム
  • Live at the Orpheum (2015年)
  • 2014 Live EP (Cyclops EP) (2015年) ※EP
  • Live in Toronto (2016年)
  • 『ラディカル・アクション〜ライブ・イン・ジャパン+モア』 - Radical Action to Unseat the Hold of Monkey Mind (2016年)
  • 『ヒーローズ〜トリビュート・トゥ・デヴィッド・ボウイ』 - Heroes (2017年) ※EP
  • 『ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・ジャパン 2015』 - Live in Vienna (2017年)
  • 『ライブ・イン・シカゴ 2017』- Live in Chicago 28 June 2017 (2018年)
  • 『メルトダウン〜ライブ・イン・メキシコ』- Meltdown: Live in Mexico City (2018年)
コンピレーション・アルバム
  • 『エレメンツ 2014オフィシャル・ツアー・マーチャンダイズ』 - The Elements of King Crimson 2014 (2014年)
  • 『ジ・エレメンツ 2015オフィシャル・ツアー・ボックス』 - The Elements of King Crimson 2015 (2015年)
  • 『ジ・エレメンツ 2016オフィシャル・ツアー・ボックス』 - The Elements of King Crimson 2016 (2016年)
  • 『ジ・エレメンツ 2017オフィシャル・ツアー・ボックス』 - The Elements of King Crimson 2017 (2017年)
  • 『ジ・エレメンツ 2018オフィシャル・ツアー・ボックス』 - The Elements of King Crimson 2018 (2018年)
  • The Elements of King Crimson 2019 (2019年)

主な参加アルバム[編集]

ロング・ハロー(デヴィッド・ジャクソン名義)
  • The Long Hello Volume Three (1982年)
ザ・ロッジ
  • 『スメル・オブ・ア・フレンド』 - Smell of a Friend (1987年)
The Kings of Oblivion
  • Big Fish Popcorn (1987年)
Dizrhythmia
  • Dizrhythmia (1988年)
  • Too (2016年)
64 Spoons
  • Landing on a Rat Column (1991年)
タンジェント
  • 『ノット・アズ・グッド・アズ・ザ・ブック』 - Not as Good as the Book (2008年)

脚注[編集]

  1. ^ a b キング・クリムゾン/ジャッコ・ジャクジク~NOW“現在””. Yahoo Japan 山崎智之 (2019年4月27日). 2019年7月7日閲覧。
  2. ^ キング・クリムゾン/ジャッコ・ジャクジク~THEN“過去””. Yahoo Japan 山崎智之 (2019年4月29日). 2019年7月7日閲覧。
  3. ^ キング・クリムゾン来日中、ジャッコとメル・コリンズのインタビューが実現!”. rockin'on (2018年12月4日). 2019年7月7日閲覧。
  4. ^ キング・クリムゾンのジャッコ・ジャクジクが新ソロ・アルバム発売、クリムゾン・メンバー多数参加”. rockin'on (2020年8月5日). 2020年9月19日閲覧。
  5. ^ キング・クリムゾン/ジャッコ・ジャクジク~FOREVER“永遠””. Yahoo Japan 山崎智之 (2019年4月30日). 2019年7月7日閲覧。