ジャパニケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジャパニケーション」は、日本のロックバンドSPYAIRの楽曲。2009年4月15日に、1枚目のインディーズシングルとして、U-PROJECTからリリースされ、2011年3月16日には、再録音されたバージョンが、3枚目のメジャーシングルとして、Sony Music Associated Recordsからリリースされた。

インディーズ版[編集]

ジャパニケーション
SPYAIRシングル
B面 切なafraid
メッセージ/OVER (bonus track)
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル U-PROJECT
作詞・作曲 MOMIKEN(作詞)
UZ(作曲)
IKE(作曲)
SPYAIR シングル 年表
ジャパニケーション
2009年
感情ディスコード
(2009年)
テンプレートを表示
  • SPYAIRがインディーズで1枚目にリリースしたシングルで、全国デビューシングルでもある。
  • 先行配信した着うたが、インディーズの「試聴ランキング」、「週間ランキング」、「月間ランキング」の全部門で1位を獲得している。
  • 現在は廃盤になっており、入手するのは非常に困難で、ネットオークションでは、高値で取引されることがある。

収録曲[編集]

  • 全作詞:MOMIKEN、全作曲:UZ/IKE
  1. ジャパニケーション [2:54]
    メジャーの3rdシングル『ジャパニケーション』の原曲である。
    UZいわく、「すごくいい意味で前に進めた曲」であり、今までは入れなかったシンセサイザーを初めて入れるなど、新しい試みも行った曲である。[1]
  2. 切なafraid [3:44]
    インディーズ当時、ロックな曲が多かった彼らにとっては珍しいバラード曲である。
  3. メッセージ/OVER (bonus track) [6:09]
    このうちの、「OVER」の原曲は、アルバム『alive』に収録されている。

メジャー版[編集]

ジャパニケーション
SPYAIRシングル
初出アルバム『Rockin' the World
B面 Departure
Just One
Dead Coaster
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル Sony Music Associated Records
作詞・作曲 MOMIKEN(作詞)
UZ(作曲)
プロデュース keiichi wakui
チャート最高順位
SPYAIR シングル 年表
Last Moment
2010年
ジャパニケーション
2011年
サムライハート (Some Like It Hot!!)
(2011年)
Rockin' the World 収録曲
Rockin' the World
(1)
ジャパニケーション
(2)
サムライハート (Some Like It Hot!!)
(3)
ミュージックビデオ
SPYAIR 『ジャパニケーション』 - YouTube
テンプレートを表示

前作「Last Moment」から約3か月半ぶりのリリース。タイトル曲「ジャパニケーション」は、インディーズ時代のシングル曲を新規に録音したものである。リリースは初回生産限定盤と通常盤の2形態で行われ、このうち初回生産限定盤には「ジャパニケーション」のミュージック・ビデオを収録したDVDが同梱されている[3]

なお「ジャパニケーション」のミュージック・ビデオの撮影に当たって、SPYAIRはソウル郊外で路上ライブを実施した[4]。これについてIKEは、日本でK-POPブームが起きているため、逆に大韓民国で路上ライブを行って腕試しをする意図があったと発言している[5]

本作のCMには、タレントの茂木淳一が出演した[6]

収録曲[編集]

CD:

  • 全作詞:MOMIKEN、全編曲:SPYAIR
  1. ジャパニケーション [2:57]
    • 作曲:IKE/UZ
    Musicnetの川崎直子曰く、「『生のコミュニケーションの大切さ=ライブが自分たちの居場所』というメッセージが込められたソリッドなロック・ナンバー[7]」。SPYAIRのライブでオープニングを飾る定番曲であり[8]、UZ曰く「今までのSPYAIRの象徴的な曲で攻めたい」という思いから3枚目のシングル曲として選ばれた[5]
    インディーズ版と比較してソリッドさが増している[3]。一方でUZによると、「成長した姿をストレートに音源に残したい」という思いから、曲のアレンジはインディーズ版からあまり変化させていないという[5]
  2. Departure [3:46]
    • 作曲:IKE/UZ
    旅立ちと共に訪れる別れを歌った曲[3]。SPYAIRが地元である名古屋市を離れるときの葛藤が託されたナンバーであり[9]、Musicnetの川崎直子は「バラードにせず、バリバリのロックに仕立てたところが粋」と評している[7]
  3. Just One [2:55]
    • 作曲:UZ
  4. Dead Coaster [3:18]
    • 作曲:IKE/UZ
    インディーズ時代に発表した曲[注釈 1]の新規録音[3]。インディーズ時代からSPYAIRのライブでは定番の曲[10]
DVD(初回生産限定盤のみ) :
  1. ジャパニケーション (Music Video)

収録アルバム[編集]

ジャパニケーション

Departure

  • 『Rockin' the World』(BONUS DISC #5)
  • 『BEST』(BONUS DISC #13)

Just One

  • 『Rockin' the World』(BONUS DISC #6)
  • 『BEST』(BONUS DISC #12)

Dead Coaster

  • 『Rockin' the World』(BONUS DISC #7)
  • 『BEST』(BONUS DISC #11)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ インディーズ時代のシングル「感情ディスコード」にリミックスバージョンが収録されている。

出典[編集]

  1. ^ 旧オフィシャルブログ、「ジャパニケーション@UZ」より。
  2. ^ SPYAIR/ジャパニケーション<通常盤>”. タワーレコード. 2015年7月24日閲覧。
  3. ^ a b c d SPYAIR、3/16発売の新シングル「ジャパニケーション」の詳細発表”. BARKS. グローバル・プラス (2011年1月28日). 2012年8月14日閲覧。
  4. ^ SPYAIR、零下の韓国で撮影したミュージックビデオが完成”. BARKS. グローバル・プラス (2011年2月18日). 2012年5月3日閲覧。
  5. ^ a b c SPYAIR (2011年3月9日). SPYAIR、話題作「ジャパニケーション」インタビュー“俺らがビビッてたら何も始まらない”. インタビュアー:大橋美貴子. BARKS、グローバル・プラス.. http://www.barks.jp/news/?id=1000068245 2012年8月14日閲覧。 
  6. ^ SPYAIR、スキージャンプペア等で人気の茂木淳一とのコラボで迷&珍CM完成”. BARKS. グローバル・プラス (2011年2月25日). 2012年8月14日閲覧。
  7. ^ a b 川崎直子. “ジャパニケーション”. Musicnet. ソニー・マガジンズ. 2012年8月14日閲覧。
  8. ^ SPYAIR、新人としては異例の日比谷・野音ライヴ(10月30日)を発表”. BARKS. グローバル・プラス (2011年1月5日). 2012年8月14日閲覧。
  9. ^ 森朋之 (2011年6月17日). “SPYAIRが豊富な経験による質の高いライブパフォーマンスを魅せる”. EMTG MUSIC. 2012年8月14日閲覧。
  10. ^ SPYAIRの新SG“ジャパニケーション”の詳細判明”. OOPS! (2011年1月31日). 2012年8月14日閲覧。