ジャパニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャパニズム
JAPANISM
ジャンル オピニオン情報誌
読者対象 不定
刊行頻度 隔月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 1,200円(創刊号は980円)
出版社 青林堂
発行人 蟹江幹彦
編集人 西村幸祐→遠藤邦正→古谷経衡→渡辺レイ子
刊行期間 2011年4月26日 -
ウェブサイト www.garo.co.jp/japanism

ジャパニズム』(JAPANISM)とは、青林堂が隔月で刊行している保守言論雑誌[1]。スローガンは「再生、日本の、底力」。

概要[編集]

2011年4月26日創刊[2]。創刊号から03号までは西村幸祐が、08号から11号までは古谷経衡が編集長を務めた[3]。多数の政治評論家ジャーナリスト政治家等が寄稿している。

若い世代をターゲットに据えてアニメ・漫画等のサブカルチャーにも力を入れており、連載漫画の単行本化も行なわれている。表紙画は第17号まで[4]イラストレーターのゆきうさぎが、第28号から40号まではすみとしこが担当した。

連載漫画[編集]

連載終了

脚注[編集]

  1. ^ JAPANISM │ GARO WEB │ 青林堂”. 青林堂. 2012年5月3日閲覧。
  2. ^ 再生、日本の、底力!オピニオン情報誌「JAPANISM」創刊」『@Press』、2011年4月25日。2015年10月10日閲覧。
  3. ^ “古谷ツネヒラ責任編集のオピニオンマガジン 「ジャパニズム 08号」リニューアル刊行”. @Press. (2012年8月10日). https://www.atpress.ne.jp/news/29199 2018年1月20日閲覧。 
  4. ^ ただし、05号と07号の表紙は実写である。
  5. ^ ジャパニズムVol.46. 青林堂. (2018). 
  6. ^ 青林堂さんのツイート”. 2018年12月7日閲覧。
  7. ^ 作画開始から”. 2019年3月22日閲覧。
  8. ^ ◆日之丸街宣女子 最終話 『さよならとこれから』”. 2019年4月30日閲覧。