ジャパンウォーターポロリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジャパンウォーターポロリーグ(Japan Water Polo League)は、2016年より開始された日本の男子水球の公式戦である。

それまで開催された東日本水球リーグ戦に代わり創設された[1]。前身リーグは日本水泳連盟水球委員会が主催していたが[2]、この新リーグはブルボンウォーターポロクラブ柏崎が主催し、連盟非公認である[1]

初年度は社会人・大学25チームが参加し、2部制で行われた[1]

参加チーム[編集]

1部
  • ブルボンWPC柏崎
  • 筑波大学
  • 専修大学
  • 早稲田大学
  • 三建30CLUB
  • 全慶應義塾
  • グリーンウエーブ
  • 新潟産業大学
  • ブルボンWPC柏崎U22
  • DSKドラゴンズ
2部
  • 明治大学WP
  • 全東京大学
  • Integral
  • DROPPERS
  • 目白組
  • UNITED・WPC
  • 三菱水球クラブ
  • プロミネンス
  • ポーパス
  • 明治02
  • 燕水会
  • 多摩倶楽部
  • 一橋大学
  • 成城クラブ
  • 全学習院

歴代優勝[編集]

  • 2016:ブルボンWPC柏崎
  • 2017:専修大学

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ジャパンウォーターポロリーグ戦(JWL)概要。”. No ball, No Life.~ とあるアマチュア水球選手の呟き ~  (2015年12月14日). 2017年2月21日閲覧。
  2. ^ 第10回東日本水球リーグ戦(男子)5月20,21日結果 (PDF)”. 2017年2月21日閲覧。