ジャパンエフエムネットワーク平日朝ワイド枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジャパンエフエムネットワーク平日朝ワイド枠(ジャパンエフエムネットワークへいじつあさワイドわく)は、エフエム東京(TOKYO FM)ならびにJAPAN FM NETWORK(JFN)加盟各局で放送される朝のワイド番組の番組枠である。なお、一部時間帯はTOKYO FM発全局ネットによる唯一のネットワークニュースゾーンにあたるためそちらも述べる。

番組変遷[編集]

TOKYO FM[編集]

TOKYO FMにおいての朝ワイドの走りは開局から半年が経過した1970年10月1日開始の「東京コーリング」である。なお、TOKYO FM(当時のステーションネームは『FM東京』)の開局時における経緯から5:00 - 6:30の時間帯は1988年まで東海大学付属望星高等学校の通信教育講座の放送を編成していたため、早朝時間帯のワイド番組は編成されていなかった。

その後は「FMモーニングエコー」、「FMフレッシュモーニング」と続き、「FMモーニング東京」(7:00 - 9:00)へと変わっていく。なお、この当時から7:00 - 7:30は全国へ向けて放送されるネットワークゾーンであり、この構成自体は2019年現在も変わっていない。

1989年4月、11年間続いた番組の後継ぎとなったのが「おはようTOKYOITE」。15分スタート時間が前倒しされて6:45開始となった。 1992年4月、「BIG BANG TOKYO」が開始となり、現在まで続く3時間のワイド枠の礎がここで作られたと言える。 1993年4月からは系列の老舗局でもあるエフエム北海道(AIR-G')静岡エフエム放送(K-MIX)などでこの時間帯の部分ネットを開始する。

1995年4月、「MORNING FREEWAY」が開始され、同時にエフエム仙台(Date fm)広島エフエム放送(HFM)エフエム愛媛でもネットが開始される他、1998年からはTOKYO FMが幹事となって進める「アースコンシャス」にまつわるコーナーが、1999年からはオリンピック選手の素顔に迫る「MY OLYMPIC」を放送するネットワークゾーンが6時台の最後に設置された(アースコンシャスは2003年9月でいったんこの時間のネットから外れて週末へ移行。また「MY OLYMPIC」も当初は占いや交通情報の兼ね合いから東京地区では8:30頃にスライドされて放送していた)。 この番組の中で7時台の東京ローカルで放送されたコーナーも企画ネット扱いのネットを受けていた地域もある(エフエム大阪。「NEWS ON AIR」「キャッチ・ザ・ワールド」)。 2004年10月、長きにわたって朝の声を務めた立花裕人が降板することとなる。当時のパートナーの七尾藍佳のソロ・パーソナリティとなり、「6Sense」がスタートする。この時点で6時台のネットは北海道・仙台・愛知・広島・愛媛。また「アースコンシャス」のコーナーも再内包された。

JFN[編集]

ジャパンエフエムネットワーク(JFNC)における早朝番組の走りは「FMさわやかスタジオ[1]である。放送時間は東京よりも長く、6:45 - 10:00で設定された。JFNCは老舗局に比べて自社制作番組へ力を注ぎにくい新規局へ向けて番組を送出するのが目的であることが大きいため。ただし、この番組でも7:00 - 7:30にはTOKYO FMのネットワークニュースゾーンとしての枠が設置されていた。1989年4月に8:00 - 8:20にも設置されている。また7時台以降はネット局によってローカル情報を伝える時間もあるため、AMのブロックワイドのように細切れでコーナーが置かれる。

1992年、「THIS MORNING」が6:00 - 8:55に設置。97年からは直前の「デイブレイク J-POPS」と「まんたんMUSIC」の29時台を吸収し5:00 - 8:55の4時間ワイドとなった。この頃から老舗局でも5時台のネット受けを開始する(広島・愛知など。東京の番組が6時スタートのため)。

2000年4月、8年間続いた番組に変わって、「good morning! That's wakeman show」がスタートした。10月からは「クルマで5時!」や「ブランニュー・モーニング」といった自社制作番組を放送してきた東京でも5時台のみのネットを開始した。

2001年4月、「wakeman show」は6:55までに縮小され、7時台のネットワークゾーンを挟んで「Open Sesame!」がスタートした。

2004年10月、金曜日に「SOMETHING」→「Applause!〜週末の主役達へ〜」が放送されることになり、分割されていたが、2008年10月の「OH! HAPPY MORNING」スタートにより再び統合されており、東京以外の地域では朝の情報番組を務めている。

TOKYO FM発の全国ネット番組へ[編集]

2006年4月、双方の番組が統合され、事実上TOKYO FMから全国へ向けて発信される番組「Eyes on Japan」が放送開始した(ただし、あくまで5時台・6時台はJFNC、7時台・8時台前半はTOKYO FM主導という形)。放送時間は東京地区では5:00 - 8:30の大型ワイドとなった。またこの影響で東京ではローカルコーナーを進行中の曲にのせるなどの対応をしている。また、7時台の後半と8時台の後半は東京ローカルの時間帯としてTOKYO FMとしての体裁を保っている(そのかわりにネット局向けにJFNCが番組を送出している)。

2006年10月、前番組を受ける形で「SKY」がスタート。そのまま受けたと等しいため、内容はほとんど変わっていない。 2007年8月からはこの時間の番組を一切ネットしてこなかったエフエム大阪でもネットを開始することとなり(8:20まで。ただし東京ローカルの時間帯は番組名を流用した大阪ローカル枠)、エフエム福岡が唯一ネット経験のない局となる。

2008年4月、「クロノス」がスタート。2010年4月から「音楽自由区。」が4:00 - 6:00で設定されるため、6:00スタートへと変更される。
2013年4月からは東京地区のみ6:00 - 9:00の番組へと変わり、2017年4月からは終了時刻を8:55に変更。後時間帯の番組とのクロストークからそのまま移行する形になった。

2018年4月から「クロノス」の姉妹番組として5:00 - 5:55に東京ローカルで「クロノスWIZ」が開始された。開始当初は「クロノス」のアシスタントがそのまま当番組も担当していたが、2018年10月からは「クロノス」と「クロノスWIZ」の担当が分けられた。

2019年3月をもって「クロノス」は、「FMモーニング東京」と並ぶ11年の歴史に幕を下ろし、新番組「ONE MORNING」が開始。東京地区では再び6:00 - 9:00の放送に戻る。「クロノスWIZ」はパーソナリティーはそのままに「ラ・ラ・トーキョー」へ改題された。

歴代のネットワークのタイトル[編集]

()内は放送期間。
放送期間 TOKYO FM JFN
1970年10月1日[2] - 1971年3月31日[3] 東京コーリング(半年) 設立前
1971年4月1日[4] - 1976年9月30日[5] FMでおはよう → FMモーニングエコー(5年半)
1976年10月1日[6] - 1979年3月30日[7] FMフレッシュモーニング(2年半)
1979年4月2日[8] - 1984年 FMモーニング東京(11年)
1984年 - 1990年3月30日 FMさわやかスタジオ(7年)
1990年4月2日 - 1991年3月29日 おはようTOKYOITE(2年)
1991年4月1日 - 1992年3月30日 THIS MORNING(9年)
1992年4月1日 - 1995年3月31日 BIG BANG TOKYO(3年)
1995年4月3日 - 9月29日 越智啓斗のMORNING FREEWAY(半年)
1995年10月2日 - 2000年3月31日 立花裕人のMORNING FREEWAY(9年)
2000年4月2日 - 2004年9月30日 good morning!
That's wakeman show
(6年)
2004年10月1日 - 2006年3月31日 6Sense(1年半)
2006年4月3日 - 9月29日 Eyes on Japan(半年)
2006年10月2日 - 2008年3月31日 SKY(1年半)
2008年4月1日 - 2018年3月30日 クロノス(11年)
2018年4月2日 - 2019年3月29日 クロノスWIZ(1年)
クロノス
クロノス
2019年4月1日 - ラ・ラ・トーキョー
ONE MORNING
ONE MORNING

ネットワークゾーン[編集]

ここでは一部時間帯を除いて、JFN加盟局が同時ネットを行うコーナーについて説明する。なお、2006年4月以降、6時台は全編に渡って殆どの放送局で同時ネットしているが、下記のコーナーや時間帯以外は任意ネットのため、放送局によっては別番組に差し替えることもある。

6時台[編集]

1998年に新設。この時間帯では、日本国内外における環境問題や地域活性・防災減災、農業関連の話題などを取り上げる。

開設当初はアースコンシャスのコーナーのみで、その後始まったMY OLYMPICと含めて多くの局が6時台の末尾での放送であったが、次第に放送時間が整理・拡大されるとともに同時ネットへと変わっていった。

7時台[編集]

JFN系列各局で放送されるニュースに「JFNニュース」や「EVENING JAPAN」→「News Delivery -Evening Edition-」があるが、地域によっては全国ニュースにおいてもローカルで賄っている局があるため、この時間帯が唯一のネットワークニュースの時間帯となっている。

7時台冒頭の10分間はニュースを伝え、それを解説する時間帯とする伝統は受け継がれている。なお、実質的な放送時間は約6分。2014年10月からは天気予報も放送されている。東京地区ではこの後に交通情報が流れる。

  • ジャスト・イン・ザ・モーニング(1979 - 1986.3)
  • コニカさわやか列島 今日はこれから(1986.4 - 1989.3)
  • 住友銀行 WORLD ACCESS(7:00 - 7:10、1989.4 - 1992.3)
  • BIG BANG TODAY(7:00 - 7:10、1992.4 - 1995.3)
  • WORLD HEADLINE(7:00 - 7:10、1995.4 - 2002.3)
  • JA-SS NEWS ALIVE(7:00 - 7:10 2002.4 - 2003.3)
  • WORLD NEWS NAVI(7:00 - 7:10、2003.4 - 2004.3)
  • WAKE UP NEWS(7:00 - 7:10、2004.4 - 2004.9)
  • WAKE UP NEWS〜timestamp〜(7:00 - 7:10、2004.10 - 2005.9)
  • World In Mortion(7:00 - 7:10、2005.10 - 2006.9)
  • WAKE UP NEWS ワンショットコラム(7:00 - 7:10、2006.10 - 2012.3)
  • WAKE UP NEWS(7:00 - 7:10、2012.4 - 2019.3)
  • BEHIND HEADLINE(7:00 - 7:10、2019.4 - )

7時台中盤は元々は20分のコーナーであったが、後に10分に短縮され、さらに1分コーナーもあるため9分枠に。2000年代からはスポーツを中心に取り上げていたが、現在はトレンドを取り上げる。場合によっては直後のコーナーを含めて20分届けることも。実質的な放送時間は約7分である。

  • TOYOTA CURRENT MORNING(7:10 - 7:30、1989.4 - 1992.3)
  • TOYOTA BIG BANG GROBAL(7:10 - 7:30、1992.4 - 1995.3)
  • TOYOTA なんでもカウントダウン(7:10 - 7:30、1995.4 - 2000.3)
  • リポビタンD SPORTS DASH!!(7:10 - 7:20、2000.4 - 2003.3)
  • リポビタンD FIELD OF SPORTS(7:10 - 7:20、2003.4 - 2004.9)
  • リポビタンD SPORTS FILE(7:10 - 7:20、2004.10 - 2006.3)
  • リポビタンD Sports Nonfiction(7:10 - 7:20、2006.4 - 2011.3)
  • リポビタンD TREND EYES(7:10 - 7:19、2011.4 - 2019.3)
  • リポビタンD TREND NET(7:10 - 7:19、2019.4 - )

7時台後半はトレンドを追いかける特集コーナーである。これも伝統的に引き継がれている。実質的な放送時間は約7分。7:28にはネットが終了する。

  • TOYOTA カウントダウン・ボックス(7:20 - 7:28、2000.4 - 2001.3)
  • TOYOTA VIEW UP TOMORROW(7:20 - 7:28、2001.4 - 2006.3)
  • TOYOTA VIEW UP TOMORROW 〜showbiz file〜(7:20 - 7:28、2006.4 - 2009.3)
  • VIEW UP TOMORROW(7:20 - 7:28、2009.4 - 2009.9)
  • 東京海上日動 By Your Side(7:20 - 7:28、2009.10 - 2010.3)
  • 追跡!(7:20 - 7:28、2010.4 - 2019.3)
  • ベスト3総研(7:20 - 7:28、2019.4 - 、月 - 木)
  • JA共済 presents なるほど!交通安全(7:20 - 7:28、2019.4 - [注釈 3]、金)

8時台[編集]

Aラインのネットワークゾーンではあるが、FMぐんまレディオキューブ FM三重は一貫して未ネットである。また、中期よりRADIO BERRYでも8:00 - 8:09の枠をネットしていない。
系列では多くが『OH! HAPPY MORNING』か自社制作の朝ワイドに内包されている。

8時台前半は内容の変動はあれど、概ね7時台とは違った角度でのニュース解説が主な内容である。放送時間は約7分(8時の時報明けに東京発のCMが入り、8:08には放送を終えるため)

  • NISSAN ジャーナルステーション(8:00 - 8:20、開始時期不詳 - 1989.3)
  • NISSAN SENSIBLE STATION(8:00 - 8:20、1989.4 - 1992.3)
  • MISAWA FROM CITY TO CITY(8:00 - 8:10、1992.4 - 1995.3)
  • SUZUKI 今日のキーナンバー(8:00 - 8:09、1995.4 - 2004.3)
  • SUZUKI NEWS NUMBERS(8:00 - 8:09、2004.10 - 2006.3)
  • SUZUKI Heart Focus(8:00 - 8:09、2006.4 - 2006.9)
  • SUZUKI Future Navi(8:00 - 8:09、2006.10 - 2007.3)
  • SUZUKI Inside Story(8:00 - 8:09、2007.4 - 2009.3)
  • SUZUKI Breakfast News(8:00 - 8:09、2009.4 - 2019.3)
  • SUZUKI TODAY'S KEY NUMBER(8:00 - 8:09、2019.4 - )

約1分間のミニコーナーでは安全運転のためのコーナーが長年放送されたが、その後はスポンサーイメージに合ったコーナーや天気予報へ変わり、現在はスポーツのミニ解説コーナー。

  • タカタ セイフティー・アベニュー(8:09 - 8:10、1995.4 - 2002.3)
  • Roots TODAY'S INSPIRATION(8:09 - 8:10、2005.10 - 2007.4.13)
  • Roots Presents マリーに聞いてゴー!(8:09 - 8:10、2007.4.16 - 2009.3)
  • Weather Guide(8:09 - 8:10、2009.4 - 2012.4)
  • 第一生命 武井咲「今日の一句」(8:09 - 8:10、2012.4 - 2013.3)
  • Weather Guide(8:09 - 8:10、2012.4 - 2014.3)
  • 今日のキーワード(8:09 - 8:10、2014.4 - 2015.3)
  • 今日のスポーツ(8:09 - 8:10、2015.4 - 現在)

1992年より新設。この枠ではインタビューコーナーが長く放送されたが2005年5月以降は別パーソナリティによる放送となっている。8:18で放送が終わる。

  • MBJ NEXT ONE(8:10 - 8:20、1992.4 - 1995.3)
  • メルセデス・ベンツ スーパーコラム(8:10 - 8:20、1995.4 - 2004.9)
  • FRONT LINE(8:10 - 8:20、2004.10 - 2005.4)
  • Honda SWEET MISSION(8:10 - 8:20、2005.5 - 2009.3)
  • Honda Smile Mission(8:10 - 8:20、2009.4 - 現在)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 6:30 - 6:40、2011.10 - 2018.6
  2. ^ 2018年7月からは地域によっては別時間帯に放送されている。
  3. ^ コーナー自体は2015年4月から「追跡!」の中で始まっていたが、2019年4月からは独立したコーナーとして放送

出典[編集]

  1. ^ 土曜日も放送。1997年まで継続。
  2. ^ 『朝日新聞』1970年10月1日付朝刊、13面。
  3. ^ 『朝日新聞』1971年3月31日付朝刊、13面。
  4. ^ 『朝日新聞』1971年4月1日付朝刊、13面。
  5. ^ 『朝日新聞』1976年9月30日付朝刊、24面。
  6. ^ 『朝日新聞』1976年10月1日付朝刊、24面。
  7. ^ 『朝日新聞』1979年3月30日付朝刊、12面。
  8. ^ 『朝日新聞』1979年4月2日付朝刊、12面。