ジャパンカップサイクルロードレース2011

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ジャパンカップサイクルロードレース2011は、ジャパンカップサイクルロードレースの20回目のレース。2011年10月22日10月23日の両日開催された。

結果[編集]

ジャパンカップサイクルロードレース[編集]

順位 選手名 国籍 チーム 時間
1 ネイサン・ハース オーストラリアの旗 オーストラリア ジェネシス・ウェルスアドヴァイザーズ 4時間08分35秒
2 西谷泰治 日本の旗 日本 愛三工業レーシングチーム
3 佐野淳哉 日本の旗 日本 ダンジェロ&アンテヌッチ - NIPPO
4 ダミアーノ・クネゴ イタリアの旗 イタリア ランプレ・ISD
5 畑中勇介 日本の旗 日本 シマノレーシング
6 マヌエーレ・モーリ イタリアの旗 イタリア ランプレ・ISD +02秒
7 ダミアーノ・カルーゾ
イタリアの旗 イタリア リクイガス・キャノンデール
8 清水都貴 日本の旗 日本 チーム・ブリヂストンアンカー +04秒
9 クリスティアーノ・サレルノ イタリアの旗 イタリア リクイガス・キャノンデール +07秒
10 イヴァン・バッソ イタリアの旗 イタリア リクイガス・キャノンデール +09秒
11 新城幸也 日本の旗 日本 日本の旗 日本ナショナルチーム
12 宮澤崇史 日本の旗 日本 日本の旗 日本ナショナルチーム +30秒
13 西薗良太 日本の旗 日本 シマノレーシング
14 福島晋一 日本の旗 日本 日本の旗 日本ナショナルチーム
15 土井雪広 日本の旗 日本 日本の旗 日本ナショナルチーム
16 ヴィンチェンツォ・ガロッファロ イタリアの旗 イタリア マトリックス・パワータグ
17 品川真寛 日本の旗 日本 愛三工業レーシングチーム
18 グスタフ・ラーション スウェーデンの旗 スウェーデン チーム・サクソバンク - サンガード
19 アンドレイ・ミズロフ カザフスタンの旗 カザフスタン アスタナ・チーム
20 アレクサンドル・シュシェモイン カザフスタンの旗 カザフスタン アスタナ・チーム
山岳賞
アジア最優秀選手賞
U23最優秀選手賞

ジャパンカップクリテリウム[編集]

  • 10月22日(土) 31.0km[3][4]
順位 選手名 国籍 チーム 時間
1 スティール・ヴォン・ホフ オーストラリアの旗 オーストラリア ジェネシス・ウェルスアドヴァイザーズ 42分39秒
2 ダヴィデ・チモライ イタリアの旗 イタリア リクイガス・キャノンデール
3 デヴィッド・タナー オーストラリアの旗 オーストラリア チーム・サクソバンク - サンガード
4 辻善光 日本の旗 日本 宇都宮ブリッツェン
5 チャールズ・フフ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジェリーベリー・ケンダ
6 マヌエーレ・モーリ イタリアの旗 イタリア ランプレ・ISD
7 マリウシュ・ヴィエシアク ポーランドの旗 ポーランド マトリックス・パワータグ
8 鈴木譲 日本の旗 日本 シマノレーシング
9 宮澤崇史 日本の旗 日本 日本の旗 日本ナショナルチーム
10 西谷泰治 日本の旗 日本 愛三工業レーシングチーム
スプリント賞

その他のレース[編集]

オープン女子[5]
順位 選手名 国籍 チーム 時間
1 西加南子 日本の旗 日本 LUMINARIA 1時間20分18秒
2 上野みなみ 日本の旗 日本 鹿屋体育大学 +02秒
3 針谷千紗子 日本の旗 日本 サイクルベースあさひ +06秒
チャレンジレース(優勝者名のみ)
  • 男子1組 - 本柳隆志 42分14秒
  • 男子2組 - 中嶋勇貴 41分48秒
  • 女子 - 山口英子 48分19秒

参考文献[編集]

  1. ^ オーストラリアの若き才能ハースがスプリント勝利 西谷2位、佐野3位 - 公式サイト
  2. ^ 2011ジャパンカップ全リザルト(PDF)
  3. ^ チームの強力なサポートを得たヴォンホフがクリテリウムを制する - 公式サイト
  4. ^ 2011ジャパンカップ・クリテリウム 全リザルト - 公式サイト
  5. ^ 鶴CCでアタックを成功させた西加南子がオープン女子2連覇を達成 - 公式サイト