ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2017-2018

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2017-2018は、2017年から2018年にかけて行われた社会人ラグビー(ラグビーユニオン)の2部リーグである。

概要[編集]

ジャパンラグビートップチャレンジリーグは、2019 ラグビーワールドカップ・日本大会開催を念頭に、日本のラグビー界の更なる発展と強化・進化を目指す観点から、これまでの2部相当とされている各地域協会主催による地域リーグトップイーストリーグトップウェストトップキュウシュウ)の上に、各地域リーグの成績上位クラブを対象としたトップリーグの2部リーグを作ることにより、実力の拮抗した試合を数多く提供してレベルアップを図り、魅力のあるゲームを増やすことを目指している[1]

参加チーム[編集]

初年度参加チーム数は8チームで、

  1. ジャパンラグビートップリーグ2016-2017シーズン16位チーム。
  2. 2016-2017トップリーグ入替戦の結果
    1. 入替戦で敗退したトップリーグ所属チーム。
    2. 入替戦で敗退・引き分けたトップチャレンジ1参加チーム。
  3. トップチャレンジ2の2・3位チーム
  4. ジャパンラグビートップチャレンジリーグ参入マッチの上位2チーム。

によって決定された。

上記の条件により初年度の参加チームは以下の8チームとなった。

チーム名 参加条件 詳細
ホンダヒート 1
三菱重工相模原ダイナボアーズ 2.2 トップチャレンジ1・2位
トップイーストリーグ優勝
日野自動車レッドドルフィンズ 2.2 トップチャレンジ1・3位
トップイーストリーグ2位
九州電力キューデンヴォルテクス 2.2 トップチャレンジ1・4位
トップキュウシュウ優勝
中部電力 3 トップチャレンジ2・2位
トップウェスト2位
中国電力レッドレグリオンズ 3 トップチャレンジ2・3位
トップキュウシュウ2位
参入時に「中国電力ラグビー部」から名称変更
釜石シーウェイブスRFC 4 ジャパンラグビートップチャレンジリーグ参入マッチ1位
トップイーストリーグ3位
マツダブルーズーマーズ 4 ジャパンラグビートップチャレンジリーグ参入マッチ2位
トップキュウシュウ3位

試合方式[編集]

年間10試合の成績で決まる。リーグ戦は2ステージに分かれて行われる[2]

1stステージ
参加する8チームで総当たりによるリーグ戦7試合。
2ndステージ
1stステージ1-4位チームによる総当たりリーグ戦3試合。
1stステージ5-8位チームによる総当たりリーグ戦3試合。

順位表[編集]

1stステージ[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 勝点
1 ホンダヒート 7 7 0 0 506 71 +435 35 上位グループへ
2 日野自動車レッドドルフィンズ 7 6 0 1 285 157 +128 28
3 三菱重工相模原ダイナボアーズ 7 5 0 2 242 125 +117 24
4 九州電力キューデンヴォルテクス 7 4 0 3 209 178 +31 18
5 釜石シーウェイブス 7 2 1 4 162 188 -26 13 下位グループへ
6 マツダブルーズーマーズ 7 2 1 4 176 217 -41 11
7 中国電力レッドレグリオンズ 7 1 0 6 88 369 -281 5
8 中部電力 7 0 0 7 76 439 -363 0

2ndステージ[編集]

上位グループ[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 勝点
1 ホンダヒート (C, P) 3 3 0 0 200 23 +177 18 ジャパンラグビートップリーグ2018-2019へ昇格
2 日野自動車レッドドルフィンズ 3 2 0 1 66 79 -13 10 #トップリーグ入れ替え戦へ出場
3 三菱重工相模原ダイナボアーズ 3 1 0 2 63 92 -29 6
4 九州電力キューデンヴォルテクス 3 0 0 3 31 166 -135 0

下位グループ[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 勝点
5 マツダブルーズーマーズ 3 3 0 0 113 44 +69 15 トップチャレンジリーグ残留
6 中国電力レッドレグリオンズ 3 2 0 1 95 67 +28 10
7 釜石シーウェイブス (X) 3 1 0 2 126 55 +71 10 #トップチャレンジリーグ入れ替え戦へ出場
8 中部電力 (R) 3 0 0 3 15 183 -168 0 トップウェスト2018-2019へ降格

入替制度[編集]

入替方式[編集]

順位 昇降格
1位 トップリーグへ自動昇格
2位 トップリーグ・15位と入替戦
3位 トップリーグ・14位と入替戦
4位 トップリーグ・13位と入替戦
7位 3地域チャレンジ・2位と入替戦
8位 各地域リーグへ自動降格

3地域チャレンジ[編集]

各地域リーグの優勝3チームによる総当たりのリーグ戦。1位チームが次年度トップチャレンジリーグへ自動昇格する。また2位チームはチャレンジリーグの7位チームとの入れ替え戦に回る。

トップリーグへ自動昇格[編集]

リーグ戦2ndステージ上位リーグの結果、1位のホンダヒートが来季トップリーグへの自動昇格が決定。

地域リーグへ自動降格[編集]

リーグ戦2ndステージ下位リーグの結果、中部電力が8位となり、来季トップウェストへの自動降格が決定。

トップチャレンジリーグへ自動昇格[編集]

3地域チャレンジの結果、1位の栗田工業ウォーターガッシュが来季トップチャレンジリーグへの自動昇格が決定。

トップリーグ入替戦[編集]

トップリーグ入替戦には2位の日野自動車レッドドルフィンズ、3位の三菱重工相模原ダイナボアーズ、4位の九州電力キューデンヴォルテクスが出場した。

入替戦の結果、日野自動車レッドドルフィンズのトップリーグ初昇格及び三菱重工相模原ダイナボアーズ、九州電力キューデンヴォルテクスのトップチャレンジリーグ残留が決定した。

トップチャレンジリーグ入替戦[編集]

今シーズンから創設されたトップチャレンジリーグ入れ替え戦は、トップチャレンジリーグから7位釜石シーウェイブス、3地域チャレンジから2位大阪府警察が出場する。

1月13日
12:00
釜石シーウェイブス 55 - 19 大阪府警察 東京ガス大森グランド, 大田区
観客動員数: 500人
審判: 川原佑
トライ: ジョー・ピーターセン 6', 29', 51'
クリス・アルコック 35', 46'
南篤志 40'
四ノ宮マイケル 67'
須田康夫 76'
村井佑太朗 80+2'
コンバート: ジョー・ピーターセン 6', 29', 40', 46'
井上益基也 76'
トライ: 新里涼 11', 22'
佐川敦希 63'
コンバート: 三瀬亮太郎 11', 22'

以上の結果、釜石シーウェイブスのトップチャレンジリーグ残留が決定した。

出典[編集]

  1. ^ 3地域統一リーグ「(仮称)ジャパンラグビートップチャレンジリーグ」の創設ならびに概要について
  2. ^ ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 2017-2018シーズン、参加8チーム決定