ジャパンラグビートップリーグ2019-2020

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジャパンラグビートップリーグ2019-20202019年から2020年にかけて行われる予定の日本国内最高峰の社会人ラグビーラグビーユニオン)リーグである。

参加チーム[編集]

ジャパンラグビートップリーグ2019-2020の参加チームは下表の通りである(記載は前年の成績上位順)。

昨シーズンの結果、豊田自動織機シャトルズコカ・コーラレッドスパークスジャパンラグビートップチャレンジリーグに降格し、NTTドコモレッドハリケーンズ三菱重工相模原ダイナボアーズがジャパンラグビートップチャレンジリーグから昇格した。なおトップリーグへ複数チームが昇降格するのは2018-2019シーズン以来2回目[1]

チーム名 前年成績 備考
神戸製鋼コベルコスティーラーズ トップリーグ 優勝
サントリーサンゴリアス トップリーグ 2位
ヤマハ発動機ジュビロ トップリーグ 3位
トヨタ自動車ヴェルブリッツ トップリーグ 4位
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス トップリーグ 5位
パナソニックワイルドナイツ トップリーグ 6位
クボタスピアーズ トップリーグ 7位
リコーブラックラムズ トップリーグ 8位
ホンダヒート トップリーグ 9位
NECグリーンロケッツ トップリーグ 10位
東芝ブレイブルーパス トップリーグ 11位
キヤノンイーグルス トップリーグ 12位
宗像サニックスブルース トップリーグ 13位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
日野レッドドルフィンズ トップリーグ 14位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
NTTドコモレッドハリケーンズ トップチャレンジリーグ 優勝 入れ替え戦に勝利し昇格
2シーズンぶりの復帰
三菱重工相模原ダイナボアーズ トップチャレンジリーグ 2位 入れ替え戦に勝利し昇格
12シーズンぶりの復帰

昨年からの変更点[編集]

  • カップ戦の参加チームがトップリーグ所属の16チームからトップチャレンジリーグ所属の8チームを加えた24チームに変更。プール戦は各プール4チーム1回総当たり(合計3試合)から6チーム1回総当たり(合計5試合)に変更された。また、昨年はプール戦の結果を受けて総合順位決定トーナメントを行ったが、今年は各プール1位の決勝トーナメントのみとなる。


トップリーグ カップ[編集]

大会概要[編集]

プール戦[編集]

プールA[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 勝点
1 サントリーサンゴリアス 決勝トーナメントへ進出
2 パナソニックワイルドナイツ
3 ホンダヒート
4 日野レッドドルフィンズ
5 栗田工業ウォーターガッシュ
6 清水建設ブルーシャークス

プールB[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 勝点
1 ヤマハ発動機ジュビロ 決勝トーナメントへ進出
2 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
3 東芝ブレイブルーパス
4 宗像サニックスブルース
5 NTTドコモレッドハリケーンズ
6 九州電力キューデンヴォルテクス

プールC[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 勝点
1 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 決勝トーナメントへ進出
2 クボタスピアーズ
3 キヤノンイーグルス
4 コカ・コーラレッドスパークス
5 三菱重工相模原ダイナボアーズ
6 釜石シーウェイブスRFC

プールD[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 勝点
1 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 決勝トーナメントへ進出
2 リコーブラックラムズ
3 NECグリーンロケッツ
4 豊田自動織機シャトルズ
5 近鉄ライナーズ
6 マツダブルーズーマーズ

決勝トーナメント[編集]

トーナメント1回戦のアルファベットと数字はそれぞれ、1stステージ(予選プールリーグ戦)の所属プールと、そのプール内における順位(リーグ戦の順位決定戦も同文)である。
(例-A1=プールA1位)
1回戦 決勝/3位決定戦
1 月 日 [[ ]]
  ( )
3 月 日 [[ ]]
  ( )
 
2 月 日
 
  ( )
  ( ) 4 月 日
 
 

出典[編集]

  1. ^ ただし前回は自動昇降格と入れ替え戦の昇降格があったのに対し、今回は入れ替え戦のみの昇降格である。

関連項目[編集]

  • ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2019-2020