ジャピーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジャピーノは、フィリピン人日本人との間の混血児。主にフィリピン人女性と日本人男性との間に生まれた子供をさす。フィリピンに約10万人いるとも言われている[1]

社会問題[編集]

日本人男性がフィリピン女性を妊娠させ出産となっても、日本へ帰国をしたり、認知や支援をしない場合がある。同様にフィリピンには日本以外の外国人との混血児もいる。社会福祉団体は混血児を体系的に支援し、母親への職業訓練などの対策をしている[2]。また混血児の場合、言語の習得が不十分な結果、コミュニケーションに障害を来す例がしばしば見られる。

フィリピン人女性と日本人男性との主な出会いの場は日本国内にあるフィリピンパブが多い他、フィリピン国内での出会いも考えられる。また「嫁不足」に悩む過疎地の農漁村に国際結婚で来日し、離婚する例もある。日本人男性がフィリピン人女性とその間にできた子供から蒸発するケースが場合あり、そのため子供は日本まで来て、父親を探す事がある。この事は父親に認知して貰って、日本国籍を取得するためでもある。

2009年8月2日放送、フジテレビ情報番組サキヨミLIVE」で特集された。

2010年10月16日放送、TBS報道番組報道特集」で特集された[3]

文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ TBS 報道特集 特集アーカイブ わが子を認知せず姿消す父親たち (2010/10/16 放送) http://www.tbs.co.jp/houtoku/onair/20101016_2_1.html
  2. ^ 特定非営利活動法人ジェイ・ピー・エフ・エフ http://www.sactown.jp/happy/smile/jpff/od010010/index
  3. ^ わが子を認知せず姿消す父親たち (2010/10/16 放送) - 日本人の父親とフィリピン人の母親の間に生まれた子どものことを「ジャピーノ」と呼ぶ。フィリピン国内に10万人とも言われるジャピーノだが、「子どもができた」と聞かされると音信を絶ってしまう男性が少なくない。姿を消した日本人の父親を探し出し、子どもを認知するよう説得して歩く67歳の男性に密着した。

関連項目[編集]