ジャマール・マリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャマール・マリー
Jamal Murray
Jamal-Murray-2.jpg
ケンタッキー大学でのマリー (2015年)
デンバー・ナゲッツ  No.27
ポジション SG/PG
背番号 27
身長 193cm (6 ft 4 in)
体重 94kg (207 lb)
ウィングスパン 201cm  (6 ft 7 in)[1]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Jamal Murray
ラテン文字 Jamal Murray
誕生日 (1997-02-23) 1997年2月23日(22歳)
カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州キッチナー
出身 ケンタッキー大学
ドラフト 2016年 7位 
選手経歴
2016- デンバー・ナゲッツ
受賞歴
代表歴
キャップ カナダの旗 カナダ U-16 2013
カナダの旗 カナダ 2015-
 
獲得メダル
男子 バスケットボール
カナダの旗 カナダ
パンアメリカン競技大会
2015 トロント

ジャマール・マリー (Jamal Murray 1997年2月23日 - )は、カナダ連邦オンタリオ州キッチナー出身のバスケットボール選手。NBAデンバー・ナゲッツに所属している。ポジションはSG/PG

来歴[編集]

大学[編集]

地元オンタリオ州の高校時代から超高校生級の逸材として注目されていたマリーは、2015年のナイキ・フープサミットでMVPを受賞するなど、NBAのスカウト陣からも注目される存在となる[2]。高校卒業後に渡米し、ケンタッキー大学に進学[3]。1年生ながらスターターに定置し、平均20得点を記録。さらにブランドン・ナイトが持っていたケンタッキー大学1年生での3ポイント成功数記録を塗り替え[4]SECの1stチームにも選出されたマリーは、1年間プレーしただけで2016年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明。

NBA[編集]

全体7位という高評価を受けてデンバー・ナゲッツから指名された[5]

2017年2月17日のNBAオールスターゲーム前夜祭のライジング・スターズ・チャレンジでは、両チーム最多の36得点を記録し、MVPに選出された[6]。 4月8日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦ではキャリアハイの30得点を記録[7]。ルーキーシーズンの2016-17シーズンはベンチ選手ながらもチームで2位・ルーキーでも2位となる115本の3ポイントシュートを決め、チームで只一人全82試合にフル出場するなどし、NBAオールルーキーチーム2ndチームに選ばれる活躍を見せた[8]

2017年11月11日に行われたオーランド・マジック戦でキャリア・ハイとなる32得点を記録、試合はナゲッツが125-107で勝利した[9]。6日後に行われたニューオーリンズ・ペリカンズ戦で31得点を記録、試合はナゲッツが146-114で勝利した[10]。2018年1月22日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦でキャリア・ハイとなる38得点を記録、試合終了までの数分間で3ポイントプレイを決めるなどし、ナゲッツが104-101で勝利した[11]。2月1日に行われたオクラホマシティ・サンダー戦で33得点を記録、試合はナゲッツが127-124で勝利した[12]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2016–17 ナゲッツ 82 10 21.5 .405 .334 .883 2.6 2.1 .7 .3 9.9
2017–18 ナゲッツ 81 80 31.7 .451 .378 .905 3.7 3.4 1.0 .3 16.7
Career 163 89 26.6 .432 .359 .898 3.1 2.7 .8 .3 13.3

プレイスタイル[編集]

3ポイントラインからのシュートを最も得意とする典型的な3ポイントシューター。3ポイントシュートを決めた後、「ボウ・アンド・アロー」と呼ばれるアーチャーが弓を引くポーズを行うことが多い。

カナダ代表[編集]

2013年のFIBAU-18アメリカ大陸選手権でカナダ代表デビュー[13]。2015年のパンアメリカンゲームでフル代表に招集された[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]