ジャマール・マレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ジャマール・マレー
Jamal Murray
Jamal Murray free throw (cropped).jpg
デンバー・ナゲッツでのマレー (2020年)
デンバー・ナゲッツ  No.27
ポジション PG
背番号 27
身長 193cm (6 ft 4 in)
体重 94kg (207 lb)
ウィングスパン 201cm  (6 ft 7 in)[1]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Jamal Murray
愛称 Blue Arrow
ラテン文字 Jamal Murray
誕生日 (1997-02-23) 1997年2月23日(24歳)
カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州の旗オンタリオ州キッチナー
出身 ケンタッキー大学
NBAドラフト 2016年 7位 
選手経歴
2016- デンバー・ナゲッツ
受賞歴
Stats Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.comプロフィール NBA.jp
代表歴
キャップ カナダの旗 カナダ U-16 2013
カナダの旗 カナダ 2015-
 
獲得メダル
男子 バスケットボール
カナダの旗 カナダ
パンアメリカン競技大会
2015 トロント

ジャマール・マレーJamal Murray1997年2月23日 - )は、カナダオンタリオ州キッチナー出身のバスケットボール選手。NBAデンバー・ナゲッツに所属している。ポジションはポイントガード

来歴[編集]

大学[編集]

地元オンタリオ州の高校時代から超高校生級の逸材として注目されていたマリーは、2015年のナイキ・フープサミットでMVPを受賞するなど、NBAのスカウト陣からも注目される存在となる[2]。高校卒業後に渡米し、ケンタッキー大学に進学[3]。1年生ながら先発に定置し、平均20得点を記録。さらにブランドン・ナイトが持っていたケンタッキー大学1年生での3ポイント成功数記録を塗り替え[4]SECの1stチームにも選出されたマリーは、1年間プレーしただけで2016年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明。

NBA[編集]

全体7位という高評価を受けてデンバー・ナゲッツから指名された[5]

2016-17シーズンの2017年2月17日のNBAオールスターゲーム前夜祭のライジング・スターズ・チャレンジでは、両チーム最多の36得点を記録し、MVPに選出された[6]。 4月8日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦では自身初の30得点を記録[7]。このシーズンはゲイリー・ハリスの控えとして82試合で平均21.5分に出場し、9.9得点・2.6リバウンド・2.1アシスト・0.6スティールを記録し、NBAオールルーキーチーム(2nd)に選ばれた[8]

2017-18シーズン、2018年1月22日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦でキャリア・ハイとなる38得点を記録、試合終了までの数分間で3ポイントプレーを決めるなどし、ナゲッツが104-101で勝利した[9]。このシーズンはニコラ・ヨキッチと共にチームの中心選手となり、81試合で平均31.7分に出場し、16.7得点・3.7リバウンド・3.4アシスト・1.0スティールを記録した。

2018-19シーズン、11月5日のボストン・セルティックス戦で自己最多の48得点を記録した[10]。このシーズンは75試合で平均32.6分に出場し、18.2得点・4.2リバウンド・4.8アシスト・0.9スティールを記録した。チームとして6年ぶりで自身初のプレーオフでは平均21.3得点・4.4リバウンド・4.7アシストなどを記録し、カンファレンスファイナル進出まであと一歩のところまで迫った。

2019-20シーズン開幕前の6月30日にマックス契約となる5年1億7000万ドルで契約延長した[11]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2016–17 DEN 82 10 21.5 .405 .334 .883 2.6 2.1 .7 .3 9.9
2017–18 81 80 31.7 .451 .378 .905 3.7 3.4 1.0 .3 16.7
2018–19 75 74 32.6 .437 .367 .848 4.2 4.8 .9 .4 18.2
2019–20 59 59 32.3 .456 .346 .881 4.0 4.8 1.1 .3 18.5
2020–21 48 48 35.5 .477 .408 .869 4.0 4.8 1.3 .3 21.2
Career 345 271 30.1 .446 .367 .878 3.6 3.8 1.0 .3 16.3

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2019 DEN 14 14 36.3 .425 .337 .903 4.4 4.7 1.0 .1 21.3
2020 18 18 39.4 .510 .466 .890 4.9 6.6 .9 .3 26.9
Career 32 32 38.1 .474 .417 .896 4.7 5.8 1.0 .3 24.5

カレッジ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2015-16 ケンタッキー大学 36 36 35.2 .454 .408 .783 5.2 2.2 1.0 .3 20.0

プレースタイル[編集]

3ポイントラインからのシュートを最も得意とする典型的な3ポイントシューター。3ポイントシュートを決めた後、「ボウ・アンド・アロー」と呼ばれるアーチャーが弓を引くポーズを行うことが多い。

カナダ代表[編集]

2013年のFIBAU-18アメリカ大陸選手権でカナダ代表デビュー[12]。2015年のパンアメリカンゲームでフル代表に招集された[13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]