ジャレド・タレント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャレド・タレント Portal:陸上競技
Jared Tallent 6371.jpg
選手情報
フルネーム ジャレド・タレント
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
種目 競歩
生年月日 (1984-10-17) 1984年10月17日(34歳)
生誕地 ビクトリア州バララット
身長 178cm
体重 58kg
自己ベスト 20km競歩 : 1時間19分15 (2010年)
50km競歩 : 3時間36分53 (2012年)
 
獲得メダル
オーストラリアの旗 オーストラリア
陸上競技
オリンピック
2008 北京 男子 50km競歩
2008 北京 男子 20km競歩
2012 ロンドン 男子 50km競歩
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ジャレド・タレント(Jared Tallent、1984年10月17日 - )は、オーストラリアの陸上競技選手。2008年北京オリンピック2012年ロンドンオリンピックの金メダリストである。ビクトリア州バララット出身。

経歴[編集]

タレントは、2006年に地元ビクトリア州メルボルンで行われたコモンウェルスゲームズで銅メダルを獲得。2007年の大阪で開催された世界選手権の20km競歩ではメダル争いに加わる健闘を見せたが失格となった。

タレントは、2008年に20km競歩の自己ベストを1時間19分41秒まで伸ばすと、8月に開催された北京オリンピックでは、自己ベストに1秒まで迫る1時間19分42秒で銅メダルを獲得した。さらに1週間後、50km競歩に出場。3時間39分27秒で、イタリアアレックス・シュバーツァーに次いで銀メダルを獲得。競歩種目としてはオリンピック史上4人目の同大会20km、50kmメダリストとなった。オーストラリアの陸上競技選手で、1大会で複数のメダルを獲得したのは、1972年ミュンヘンオリンピック女子100m、200mでメダルを獲得したレリーン・ボイル以来の快挙となった。

自己ベスト[編集]

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
2004 IAAFワールドカップ競歩 ナウムブルク(ドイツ) 20km競歩 75位 1時間30分01秒
2005 世界陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 20km競歩 18位 1時間23分42秒
2006 コモンウェルスゲームズ メルボルン(オーストラリア) 20km競歩 3位 1時間23分32秒
2006 IAAFワールドカップ競歩 ア・コルーニャ(スペイン) 20km競歩 14位 1時間21分36秒
2007 世界陸上選手権 大阪(日本) 20km競歩 - DQ
2008 IAAFワールドカップ競歩 チェボクサル(ロシア) 20km競歩 10位 1時間19分48秒
2008 オリンピック 北京(中華人民共和国) 20km競歩 3位 1時間19分42秒
2008 オリンピック 北京(中華人民共和国) 50km競歩 2位 3時間39分27秒
2011 世界陸上選手権 大邱(韓国) 50km競歩 3位 3時間43分36
2012 オリンピック ロンドン(イギリス) 50km競歩 1位 3時間36分53
2013 世界陸上選手権 モスクワ(ロシア) 50km競歩 3位 3時間40分03
2015 世界陸上選手権 北京(中国) 50km競歩 2位 3時間42分17秒[1]

脚注[編集]

  1. ^ トスが「ピットストップ」しながらも男子50キロ競歩で金、第15回世界陸上”. AFPBB (2015年8月29日). 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月29日閲覧。