ジャンカルロ・ペリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Giancarlo Peris
Anefo 911-5410 Olympische.jpg
1960年ローマオリンピック開会式で聖火を運ぶジャンカルロ・ペリス
個人情報
国籍 イタリア
生誕 (1941-11-04) 1941年11月4日(77歳)
イタリアチヴィタヴェッキア
スポーツ
イタリアの旗イタリア
競技 陸上競技
種目 クロスカントリーランニング

ジャンカルロ・ペリス(Giancarlo Peris、1941年11月4日 -)はギリシャ系のイタリアのトラック選手。1960年ローマオリンピックで最終聖火ランナーを務めた[1]

経歴[編集]

ローマから北西70kmにあるティレニア海の港町チヴィタヴェッキアに生まれる。イタリアオリンピック委員会はオリンピックの最終聖火ランナーはジュニアクロスカントリーランニングレースの優勝者とすることを決定した。ペリスはこのレースに勝利し、最終聖火ランナーに選ばれた[1]。ペリスは有望な陸上競技の選手でもあり、オリンピック開会式の数か月前には自国のナショナルジュニア/シニアチームのためにポーランドと争った。

のちにチヴィタヴェッキアの技術高校G. Baccelliの歴史とイタリア語の教師となった。小さな陸上クラブのコーチも務めていた[要出典]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Giancarlo Peris:From Rome 1960 to Beijing 2008”. beijing2008.cn. 2013年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月閲覧。