ジャングル風呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャングル風呂の一例
原鶴温泉咸生閣(2004年8月28日)

ジャングル風呂(ジャングルぶろ)とは、熱帯植物を繁茂させた温室に大浴場家族風呂等の各種浴槽を設置した大規模な入浴施設。施設の利用者は通常の公衆浴場と同様に全裸が原則である。施設によっては、温泉引き湯しているところもある。

概要[編集]

大規模入浴施設の設置形態のひとつであり、健康ランドや大規模な温泉旅館に設置されることが多い。採光式の建屋にある程度以上(150坪以上)の規模で設置されることが多く、浴室内に築山や熱帯庭園を設置したり、浴室全体に浅い回流式の浴槽を巡らすなどして、熱帯ジャングルを模した演出を行い、更には人工や探検洞窟等を設置し、子供でも楽しめるような娯楽性を付加されていることも多いが、混浴を謳い文句に集客する場合が多い[1]

多くに共通する特徴の一つに、ライオンの顔を模したお湯の噴き出し口が挙げられる。かつて共用栓の多くは英国産の輸入品で賄われ、ヨーロッパでは中世よりライオンは水の守護神(ちなみに日本・中国といった東洋での水の守護神は龍で、これは「蛇口」の語源となっている)とされてきた事が由縁である。

景色や風情を楽しむという入浴施設という点では、露天風呂や(屋内設置の)岩風呂と共通項があるが、生きた植物を使っていて手入れに手間がかかるため、徐々に姿を消しつつある。積極的に娯楽施設として宣伝・活用している温泉ホテルもある。

施設として、最も流行した時期が昭和の時代ということで、レトロ趣味や昭和懐古趣味として、懐かしむ対象となることもある。最盛期である1965年頃~1975年頃までは、ジャングル風呂を設置したヘルスセンターも各所で営業していた。

肺結核のため若い頃より湯治場で多くの療養経験のある作家藤原審爾は、1976年平凡社の雑誌『太陽』1月号に、指宿のホテルのジャングル風呂に宿泊した経験を寄稿している。それによると、指宿は四国宿毛に似たり寄ったりの辺鄙なところだと思っていたが、団体向けの大きな観光ホテルがあり、駅に泊まったような騒々しさで全く落ち着けなかった。ジャングル風呂は30くらいの風呂があり、一見の価値があるのは要するに混浴システムだからで、近頃はいさましい若い女の団体が多いので、一見の価値があるらしいと同行した知人に勧められたが、女専用風呂もあるがそこは男が占領しているので敬遠して丹念に見て回ったものの、80%は男と子供で10%が老婆、残りの10%は子供のおっかさんという具合だったと記している[1]

発祥[編集]

ジャングル風呂の発祥地は指宿温泉とされている。全国の類似施設に先駆けて指宿観光ホテルに設けられたジャングル風呂は指宿を代表する名物として認知されていた[2]。一方、鳥類学者蜂須賀正氏熱海別邸(1933年に築造、1986年に取壊し)には、熱帯植物を植えた大浴場があり、これをもってジャングル風呂の元祖とする説もある[3]

現存するジャングル風呂施設[編集]

日本国内[編集]

日本国外[編集]

かつてジャングル風呂が存在していた施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『太陽』1976年1月号 NO.152「九州へんな温泉旅」藤原審爾
  2. ^ 武田幸一、1973、『カラーブックス23『九州の旅』』、保育社
  3. ^ 藤森照信,荒俣宏、1987、『『東京路上博物誌』』、鹿島出版会 ISBN 4-306-09303-4

関連項目[編集]