ジャンコージー・ラーオ・シンディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ジャンコージー・ラーオ・シンディア
Jankoji Rao Scindia
シンディア家当主
在位 1755年 - 1761年
戴冠 1755年
別号 サルダール
出生 1745年
死去 1761年1月15日
パーニーパト
王家 シンディア家
父親 ジャヤッパージー・ラーオ・シンディア
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

ジャンコージー・ラーオ・シンディア(Jankoji Rao Scindia, 1745年 - 1761年1月15日)は、インドマラーター同盟シンディア家の当主(在位:1755年 - 1761年)[1]

生涯[編集]

1755年7月25日、父である当主ジャヤッパージー・ラーオ・シンディアが死亡したため、叔父ダッタージー・ラーオ・シンディアの摂政の下、幼少ながらも当主位を継承した[2]

1761年1月14日第三次パーニーパトの戦いののち、ジャンコージー・ラーオは戦場から逃げたが捕えられ、翌15日に処刑された[3]。まだ15歳であった。

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]