ジャンムー・カシミール民族協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インドの旗 インド政党
ジャンムー・カシミール民族協議会
Jammu & Kashmir National Conference
JKNC-flag.svg
党旗
オマール・アブドゥラ
成立年月日 1932年10月15日
ローク・サバー議席数
0 / 545
ラージヤ・サバー議席数
0 / 245
テンプレートを表示

ジャンムー・カシミール民族協議会(ジャンムー・カシミールみんぞくきょうぎかい、英語: Jammu & Kashmir National Conference)はインドの政党。地方政党の一つでジャンムー・カシミール州を中心に活動している。

党史[編集]

1932年10月、シェイク・アブドゥッラー英語版らによって全ジャンムー・カシミール・ムスリム協議会が創設される。その後1939年6月に同協議会は、全ジャンムー・カシミール民族協議会へと改称された[1]。インド独立後の1951年9月に行われたジャンムー・カシミール州制憲議会選挙では、同党は全75議席を獲得している。この選挙結果を受けて、シェイク・アブドゥッラー党首が州首相に就任した。しかし、シェイク・アブドゥッラーは連邦政府からカシミール独立構想を警戒されたため1953年8月に州首相を解任され、逮捕されている。1975年にシェイク・アブドゥッラーは再度、州首相に就任し1982年に亡くなるまで在職した。シェイク・アブドゥッラーが死去した後には、彼の息子であるファルーク・アブドゥッラー英語版が州首相に就任している。

脚注[編集]

  1. ^ 塗木 理恵 (2001年11月). “資料 カシミール問題への視角”. 日本貿易振興会アジア経済研究所. 2019年5月6日閲覧。