ジャン・ジャンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャン・ジャンセン(2010年)

ジャン・ジャンセン(Jean Jansem, 1920年3月9日 - 2013年8月27日)は、フランスで活動したアルメニア人画家。

卓越したデッサン力により様々なコンクールで受賞を重ね、現在に至る。日本では1993年4月24日安曇野に世界で初めてのジャンセンの個人美術館「安曇野ジャンセン美術館」が開館した。また、アルメニア大虐殺のシリーズを描いた後に画家としての功績が認められ、フランスのレジオンドヌール勲章と故国アルメニアの国家勲章を受章した。

略歴[編集]

ジャン・ジャンセン(2008年)

作品の主なシリーズ[編集]

  • バレリーナ
  • ベニス
  • 闘牛
  • マスカラード(仮面舞踏会)
  • プロセッション(宗教行列)
  • カーニバル
  • 神話
  • 虐殺