ジャン・ジョルカエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャン・ジョルカエフ Football pictogram.svg
Jean Djorkaeff.JPG
2014年のジョルカエフ
名前
ラテン文字 Jean Djorkaeff
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1939-10-27) 1939年10月27日(78歳)
出身地 イゼール県シャルヴュー=シャヴァニュー
選手情報
ポジション DFFW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1958-1966 フランスの旗 オリンピック・リヨン
1966-1970 フランスの旗 オリンピック・マルセイユ
1970-1972 フランスの旗 パリ・サンジェルマンFC
1972-1974 フランスの旗 パリFC
監督歴
1968 フランスの旗 オリンピック・マルセイユ
1972 フランスの旗 パリFC
1981-1983 フランスの旗 グルノーブル・フット38
1983-1984 フランスの旗 ASサンテティエンヌ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャン・ジョルカエフ(Jean Djorkaeff、1939年10月27日 -)は、フランスの元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはDF(センターバック)。息子のユーリもサッカー選手で、フランス代表として1998年のFIFAワールドカップ・フランス大会優勝や2000年のUEFA欧州選手権優勝に貢献した。

経歴[編集]

ジョルカエフはフランス南東部のイゼール県シャルヴュー=シャヴァニューで生まれたが、民族的にはカルムイク系の出身である。1958年にオリンピック・リヨンで選手経歴を開始し、同年12月28日のリモージュFC戦でリーグデビューを飾った。当初はFWとしてプレーをしていたが、後にDFへコンバートされ、センターバックとして顕著な活躍をみせた。リヨンでは16シーズンを過ごし、1964年のクープ・ドゥ・フランス優勝に貢献するなど500試合以上に出場した。

1966年からはオリンピック・マルセイユへ移籍し1969年のクープ・ドゥ・フランス優勝に貢献。その後、パリ・サンジェルマンFCパリFCを渡り歩き、1974年に現役を引退した。

フランス代表としては、1964年10月4日のルクセンブルク戦で代表デビューを飾り、1966年のFIFAワールドカップ・イングランド大会に出場するなど国際Aマッチ48試合に出場し3得点を記録した。

引退後は指導者の道へ進み、グルノーブル・フット38ASサンテティエンヌの監督を務めた。その後はフランスサッカー連盟に勤務し、2000年からはクープ・ドゥ・フランス実行委員会の責任者を務めている。