ジャン・スティーブンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
No image.svg ジャン・スティーブンソン Golf pictogram.svg
Jan Lynne Stephenson
基本情報
名前 ジャン・スティーブンソン
生年月日 (1951-12-22) 1951年12月22日(67歳)
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 オーストラリアシドニー
経歴
殿堂表彰者
選出年 2019年
選出部門 女性競技者
2018年12月12日現在
テンプレートを表示

ジャン・リン・スティーブンソンJan Lynne Stephenson1951年12月22日-)はオーストラリア人の女子プロゴルファー1974年LPGAツアーのメンバーとなった。女子メジャー大会で3回優勝しており、LPGAツアー大会では16回優勝している。

経歴[編集]

オーストラリアシドニーに生まれる。十代の時には、1964年に始まったオーストラリア国内のニュー・サウス・ウェールズ女子児童大会で5回連続で優勝している。また、引き続いて行われたニュー・サウス・ウェールズ・ジュニア大会でも3大会連続で優勝している。1973年にプロに転向し、同年行われたウィルズ・オーストラリア女子オープンで優勝している。1974年LPGAツアーに加入し、この年のLPGAルーキーに指名された[1]

LPGAでの最初の優勝は、1976年のサラ・コヴェントリィ・ネイプルズ・クラシックである。最も活躍したのは1980年代初頭であり、1981年のピーター・ジャクソン・クラシック、1982年のLPGAチャンピオンシップ、1983年の全米女子オープン[1]など、毎年メジャー大会で優勝した。

宣伝・広告のために性的魅力を前面に出す手法を堂々と受け入れ支持した最初のLPGAのスター達の一人であると言われ、1980年代初期から半ばにかけて、ゴルフボールで一杯になった風呂桶の中で、裸のままでポーズを取る写真を公開し、有名となった。その後、ピンナップカレンダーも製作した[1]

1981年1983年1987年に1度ずつ優勝している。LPGAのメンバーとしては1987年の優勝が最後の勝利だった。1990年代にもLPGAのツアーに引き続き参加し、1990年代を通して競技に参加したが、1990年にマイアミで強盗に襲われて左手の薬指を負傷した際、一度競技への参加を中断した。寒い時や雨天の時には、この古傷が今でも痛んで悩まされるということである[1]

女子シニアツアーの設立に取り組み、女子シニアツアーでも勝ち続けることとなる。2003年、女子プロゴルファーとして初めてチャンピオンズ・ツアーに参加したが、予選落ちした。

その他、ゴルフコースのデザインを行ったり、関節炎の患者のためのビデオ教材を製作している。スティーブンソンの慈善活動は多岐にわたるが、その一つとして「国立多発性硬化症患者の会」の名誉会長就任などが挙げられる[1]

1985年には、「オーストラリアスポーツの殿堂」入りしている[2]2011年には「スター達と踊るコンテスト」(チャンネル7)に参加した。

論争[編集]

2003年に「アジア人達によってLPGAツアーがつぶされそうになっている」というジャン・スティーブンソンのインタビュー記事がGolf Magazine英語版誌11月号に掲載され、アジア人選手を差別するものとして問題視された。掲載後、ジャン・スティーブンソンは「アジア人コミュニティに対する謝罪文」をAP通信を通じて発表している[3]

優勝歴[編集]

LPGAツアーの優勝歴[編集]

女子シニア
LPGAツアーの優勝回数 (3)
LPGAツアー以外の優勝回数 (13)
No. 日程 トーナメント スコア 打差 対戦相手
1 1976 サラコベントリーナポリクラシック +2 (73-69-76=218) 1 アメリカ合衆国の旗 サンドラ・ヘイニー英語版, アメリカ合衆国の旗 ジュディ・マイスター
2 1976 バーミンガムクラシック英語版 −13 (65-70-68=203) 4 アメリカ合衆国の旗キャシー·マーティン
3 1978 女子インビテーショナル −5 (68-72-69-74=283) 4 アメリカ合衆国の旗 ベス・ダニエル
4 1980 サンシティクラシック −13 (66-71-67-71=275) 1 M.J. スミス
5 1981 ピータージャクソンクラシック −10 (69-66-70-73=278) 1 アメリカ合衆国の旗 パット・ブラッドリーアメリカ合衆国の旗ナンシー・ロペス
6 1981 メアリーケイクラシック −18 (65-69-64=198) 11 アメリカ合衆国の旗 サンドラ・ヘイニー英語版
7 1981 米国バージニアバンク·クラシック英語版 −14 (66-71-68=205) 3 アメリカ合衆国の旗 ジャネット・アレックス英語版南アフリカ共和国の旗 サリー・リトル
8 1982 全米女子プロゴルフ選手権 −9 (69-69-70-71=279) 2 アメリカ合衆国の旗 ジョアン・カーナー
9 1982 レディーキーストーンオープン英語版 −5 (71-71-69=211) 1 アメリカ合衆国の旗 バーバラ・モネス、アメリカ合衆国の旗 アレクサンドラ·ラインハルト
10 1983 ツーソンコンキスタドーレスLPGAオープン英語版 −9 (72-68-67=207) 5 アメリカ合衆国の旗 エイミー・オルコット
11 1983 レディーキーストーンオープン英語版 −11 (69-67-69=205) 1 アメリカ合衆国の旗 パット・ブラッドリー
12 1983 全米女子オープン +6 (72-73-71-74=290) 1 アメリカ合衆国の旗 ジョアン・カーナーアメリカ合衆国の旗 パティ・シーハン
13 1985 GNAクラシック英語版 +2 (70-73-72-75=290) 1 アメリカ合衆国の旗 エイミー・オルコットアメリカ合衆国の旗 パット・ブラッドリー
アメリカ合衆国の旗 バーバラ・モネス
14 1987 サンタバーバラオープン英語版 −1 (74-68-73=215) 1 アメリカ合衆国の旗 ジェーン・ゲデス英語版日本の旗 岡本綾子
15 1987 セーフコクラシック英語版 −11 (68-70-71-68=277) 1 アメリカ合衆国の旗 ナンシー・ロペス
16 1987 コニカサンノゼクラシック英語版 −11 (69-71-65=205) 5 アメリカ合衆国の旗 エイミー・オルコット

LPGAツアー プレーオフ記録 (0–4)

No. トーナメント 対戦相手
1 1979 女子ケンパーオープン英語版 アメリカ合衆国の旗 ドナ・カポニアメリカ合衆国の旗ジョアン・カーナー
日本の旗 樋口久子アメリカ合衆国の旗 ナンシー・ロペス
2 1981 京セラ稲森クラシック英語版 アメリカ合衆国の旗 エイミー・オルコットアメリカ合衆国の旗 ドナ・カポニ
アメリカ合衆国の旗 ホリス・ステーシー
3 1986 メイフラワークラシック英語版 アメリカ合衆国の旗 クリスタ・ジョンソン英語版アメリカ合衆国の旗 サンドラ・パーマー
4 1999 フィスターLPGAクラシック英語版 アメリカ合衆国の旗 ベッキー・アイバーソン英語版アメリカ合衆国の旗 ロージー·ジョーンズ英語版

ALPGツアー[編集]

欧州女子ゴルフツアー[編集]

  • 1985 ヘネシーフランスオープン

JLPGAツアー[編集]

レジェンズツアー[編集]

  • 2000 Hy-Veeクラシック
  • 2005 BJ's チャリティー選手権
  • 2007 ハンダ・オーストラリアカップ

その他[編集]

  • 1983 JCペニー混合チームクラシック英語版
  • 1990 JCペニー/ LPGAスキンズゲーム英語版

メジャー[編集]

優勝[編集]

タイトル スコア 打差 対戦相手
1981 カナディアン女子オープン −10 (69-66-70-73=278) 1 アメリカ合衆国の旗 パット・ブラッドリーアメリカ合衆国の旗 ナンシー・ロペス
1982 全米女子プロゴルフ選手権 −9 (69-69-70-71=279) 2 アメリカ合衆国の旗 ジョアン・カーナー
1983 全米女子オープン +6 (72-73-71-74=290) 1 アメリカ合衆国の旗 ジョアン・カーナーアメリカ合衆国の旗パティ・シーハン

国別団体戦優勝[編集]

日本との関係[編集]

1984年に開催されたマツダジャパンクラシック最終日において、ジャン・スティーブンソンと岡本綾子は同組でラウンドし、トップを競っていた。14番ホールでジャン・スティーブンソンがボギーとなった際に、一部観客から拍手とともに「ナイスボギー」の声が飛んだ。このマナー違反の観客の行為に対し、ジャン・スティーブンソンより早く岡本が涙を流して抗議の声を挙げた。このエピソードは観客のマナー違反を批判する際に引用されることがある。(例:2009年サン・クロレラクラシックにおける石川遼に対する観客行為など。)

国際スポーツ振興協会と、国際アンバサダーとしてスポンサー契約を結んでいる[4][5]

脚注[編集]