ジャン・デュナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジャン・デュナン(Jean Dunand, 1877年5月20日 - 1942年)は、フランス漆芸家彫刻家銅細工家インテリアデザイナーアール・デコの優れた漆芸家と見なされている。

『狩猟』、1930年作、ウォルフソニアン-FIU美術館蔵

生涯[編集]

スイスランシーで、1877年5月20日、ジュール・ジャン・デュナンとして生まれた(彼は1922年にフランスに帰化した)。

彼が14歳の時、ジュネーヴの工芸学校に通い彫刻の勉強を始めた。そこで、いくつかの賞を受賞している。5年の学業を修めた後卒業した。1897年、今度はパリに移り、国立装飾美術学校で学んだ。 1905年、ベアルン伯爵のための屋内装飾が国民美術協会で選出された。 デュナンは長い苦悩のあと、彫刻家、宝飾家のジャン・ダン(en:Jean Dampt)の下で仕事をし数年を経て、フランスで出稼ぎとラッカーの技術の習得に来ていた菅原精造と共に活動を始めた。

彼の作品は幾何学的の時もあり、キュビズムのようでもあるが、全くの独自性の持ち主で発明家でもあり、また自然主義の持ち主でもあった。彼は大量の作品を残している。ジャン・ランベール・ルッキen:Jean Lambert-Ruckiとギュスターブ・ミクロスen:Gustave Miklosらが同じ芸術家として刺激し合った。[1]

パリにあるデュナン通り

参考文献[編集]

  • Félix Marcilhac, Jean Dunand: His Life and Work, London, Thames and Hudson, 1991 OCLC 25611010

脚注[編集]

  1. ^ 英語版一部訳

関連項目[編集]