ジャン・パウル・ボエチウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャン=パウル・ボエチウス Football pictogram.svg
Jean-Paul Boëtius snow.jpg
名前
ラテン文字 Jean-Paul Boëtius
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
スリナムの旗 スリナム
生年月日 (1994-03-22) 1994年3月22日(25歳)
出身地 ロッテルダム
身長 182cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 1.FSVマインツ05
ポジション FW
背番号 5
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2015 オランダの旗 フェイエノールト 82 (18)
2015-2017 スイスの旗 FCバーゼル 14 (3)
2017 ベルギーの旗 KRCヘンク (loan) 6 (0)
2017-2018 オランダの旗 フェイエノールト 29 (6)
2018- ドイツの旗 1.FSVマインツ05 30 (4)
代表歴2
2010-2011 オランダの旗 オランダ U-17 10 (1)
2012 オランダの旗 オランダ U-19 4 (1)
2013-2016 オランダの旗 オランダ U-21 18 (3)
2014 オランダの旗 オランダ 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月12日現在。
2. 2016年10月11日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャン=パウル・ボエチウス(Jean-Paul Boëtius、1994年3月22日 - )は、オランダロッテルダム出身のプロサッカー選手1.FSVマインツ05所属。ポジションは主に両サイドだがトップ下でもプレーできる。ウルビー・エマヌエルソンの遠縁の甥に当たる。ボエティウス[1]、ボエティトゥス[2][3]とは発音されない。

経歴[編集]

ボエチウスはロッテルダムのヘネハウウェルラーン近隣のストリートでフットボールを始めた。6歳にして大きな才能があると見込まれて他の選手たちが母親にすぐにプロクラブに電話するようにボエチウスの母親に助言。母親はSBVエクセルシオールスパルタ・ロッテルダムフェイエノールトに電話し、最初の二つでは居場所がなかったがすぐにフェイエノールトのトレーニングに参加することができた。そこで上手くいき、わずか4日でフェイエノールトの初めての試合に出場した[4]

ボエチウスは同じ94年組であるアナス・アチャバールカリム・レキクテレンス・コンゴロカイル・エベシリオ、一つ年下のトニー・ヴィリェナと共に9歳以下からのチームからフェイエノールトのユースの各世代を経験。17歳以下では深刻な膝の怪我でチームメイトが優勝した17歳以下欧州選手権出場を逃し、同世代がトップチームにデビューしていくのをユースで見ていなければならなかった。

リハビリから復帰したボエチウスはルーベン・スハーケンの怪我を受けて2012年10月28日のアヤックス・アムステルダムとのホームゲームでスタメンとしてデビュー。23分に同点(1-1)に追いつくゴールも決めるなど、対面したオランダ代表のリカルド・ファン・ラインを完全に圧倒[5]する活躍でデビューを果たし、クーマンにトップチーム昇格も認められた。11月29日には2016年夏まで契約を延長[6]

以後スタメン出場を続け、2月10日のAZアルクマールとのホームゲームでは1ゴール1アシストなどの活躍でフットボール・インターナショナルの週間最優秀選手に[7]。ヨハン・デルクセンは「クーン・ムーラインのようだ」と讃えた。

2013年4月にトレーニング中に右膝半月板を損傷、全治3ヶ月以上の怪我により、6月の21歳以下欧州選手権というメジャー・トーナメントをまたしても逃した。。2013-2014シーズンは背番号を28から7に変更。9月15日に長期離脱から復帰、次第にコンディションを取り戻してゴールとアシストを量産し、2014年3月5日のフランスとの親善試合にフェイエノールダーとして史上3人目の若さ(19歳348日)でオランダ代表でのデビューを果たした[8]。ブラジルでのワールドカップ・セレクション入りの可能性もあったが、候補合宿で脱落。

2014-2015シーズンも監督 フレッド・ルテンのもとで当初スタメン起用されていたが、本来のプレーを見せることはできず、次第に精彩を欠いてフォームを失い、スタメンのポジションも失う中、残り1年の契約延長を拒否。2015年のプレシーズンも新監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストの信頼を得られず、やはり契約延長も拒否したことで10年以上過ごしたクラブを去り、8月3日にFCバーゼルへの移籍が決まった。[9]。移籍金は報道では200万ユーロとボーナス50万ユーロ[10]

FCバーゼルでは加入当初こそレギュラーで起用されていたもののフィジカルコンタクトに弱くボールロストの多いプレースタイルが評価されず徐々に出場機会を失うこととなったが、2016-2017シーズン後半にKRCヘンクにレンタルされ、ユース代表でもボエチウスを指導していたアルベルト・スタイフェンベルフのもとで復活を見せた。KRCヘンクが買い取りオプションを行使しなかったが、2017年夏にエルジェロ・エリアの代わりのサイドプレイヤーを探していたフェイエノールトがFCバーゼルと合意し、2年ぶりのロッテルダム帰還が実現。3年契約にサインした[11][12]

2018年8月、1.FSVマインツ05へ2022年6月までの4年契約で完全移籍した[13]

プレースタイル&評価[編集]

スピードに優れ、テクニックと決定的なパスを送る視野も持つ[要出典]

2013年3月にベルト・ファン・マルワイクは「現時点でオランダ最高のウィンガーだと思う」と賞讃した[14]

ユースではほとんど常に右サイドでプレーしていたが、フェイエノールトのトップチームではデビュー以来左サイドで起用されていた。フットボール・インターナショナルではルネ・ファン・デル・ハイプによって「彼は左足が全く使えない」と左サイド起用を度々批判されている。

タイトル[編集]

フェイエノールト
  • KNVBベーカー : 2017-18
  • ヨハン・クライフ・スハール : 2018

脚注[編集]

  1. ^ http://www.goal.com/jp/news/3637/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80/2014/02/28/4652227/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%88%A6%E3%81%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%EF%BC%92%EF%BC%93%E5%90%8D%E7%99%BA%E8%A1%A8
  2. ^ http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/season=2014/clubs/player=250024867/profile/index.html
  3. ^ http://jp.uefa.com/news/newsid=2112627.html
  4. ^ http://www.ad.nl/ad/nl/5610/Eredivisie/article/detail/3339546/2012/10/30/Boetius-blijft-nuchter-onder-de-aandacht-dat-weet-zijn-moeder-zeker.dhtml
  5. ^ http://www.fr12.nl/nieuws/20036-van-hanegem----bo%C3%ABtius-speelde-van-rhijn-zoek--.html
  6. ^ http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S1/10010000041240-999-10010000000003.aspx
  7. ^ https://archive.is/20130502153651/www.vi.nl/Speler-van-de-week-1/235831/Niemand-zal-de-naam-JeanPaul-Boetius-gaan-vergeten.htm
  8. ^ http://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/bo%C3%ABtius-bij-jongste-feyenoord-debutanten-in-oranje
  9. ^ http://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/jean-paul-bo%C3%ABtius-naar-fc-basel
  10. ^ http://www.ad.nl/ad/nl/5619/Feyenoord/article/detail/4112679/2015/08/03/Boetius-Bij-Basel-heb-ik-meeste-kans-op-speeltijd.dhtml
  11. ^ https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/principeakkoord-bo%C3%ABtius-keert-terug-bij-feyenoord
  12. ^ https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/bo%C3%ABtius-tekent-contract-%E2%80%98dit-voelt-als-thuiskomen%E2%80%99
  13. ^ JEAN-PAUL BOËTIUS WIRD 05ERマインツ05 2018年8月27日
  14. ^ http://www.ad.nl/ad/nl/5619/Feyenoord/article/detail/3403162/2013/03/03/Van-Marwijk-resoluut-Boetius-beste-buitenspeler-van-Nederland.dhtml