ジャン・ピュイフォルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ジャン・ピュイフォルカ
Jean Puiforcat
生誕 (1897-08-05) 1897年8月5日
死没1945年10月20日(1945-10-20)(48歳)
国籍フランス
著名な実績The "most important French Art Deco silversmith."
流派アール・デコ

ジャン・エリゼ・ピュイフォルカ(Jean Elysée Puiforcat(発音:pwee-for-KAH)、1897年8月5日 – 1945年10月20日)は、フランスの銀細工職人、彫刻家、デザイナーである[1]。ミラーズ・アンティーク百科事典では、フランスアール・デコにおける最も重要な銀細工師とされている[2]

生涯とキャリア[編集]

ピュイフォルカ制作によるデカルトの像(アムステルダム)

ピュイフォルカは第一次世界大戦で従軍し、戦後銀細工職人・デザイナーの見習いを始める。パリに居住し、アール・デコ様式のデザインによる作品を生み出した。その銀製品は、滑らかな表面の仕上げが施され、幾何数列に基づいてデザインされていた。象牙オニキス、ラピスラズリ、ローズウッドをその作品の装飾に用いたほか、めっきも使用していた。1927年ころ、ピュイフォルカはパリを離れ、サン=ジャン=ド=リュズに居を構える。1928年に現代芸術家連盟英語版(Union des Artistes Modernes)を共同で設立[3]。1934年からピュイフォルカはテーブルウェアのデザインに着手し、典礼用の銀製品のデザインも手がけた。1941年、ピュイフォルカはメキシコに居を移し、その後アメリカで作品の展示を始めた[1]

死後[編集]

アンディ・ウォーホルはピュイフォルカのシルバーウェアを収集していた。1970年代にパリを訪問した際に入手したもので、1988年、サザビーズでウォーホルの記念品のオークションが行われた際、このコレクションは、45万1000ドル、アベンチュリンによる装飾が施されたチュリーン英語版は5万5000ドルで落札された[3]クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館及びヴィクトリア&アルバート博物館ピュイフォルカの作品のコレクションがある[4][5]。一連のブティックの名前は彼の名にちなんだものであり、ピュイフォルカがデザインした製品や彫刻作品を販売している[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b Gordon Campbell (9 November 2006). The Grove Encyclopedia of Decorative Arts: Two-volume Set. Oxford University Press. p. 240. ISBN 978-0-19-518948-3. https://books.google.com/books?id=R8BMW6Au7pQC&pg=PA240 2012年10月2日閲覧。 
  2. ^ Beazley, Mitchell (2003). Miller's Antiques Encyclopedia. London: Credo Reference. http://www.credoreference.com/entry/mae/metalwork/2 2012年10月3日閲覧。 
  3. ^ a b Ross, Nancy L. (1988年9月29日). “Art Deco Revisited”. The Washington Post. http://www.highbeam.com/doc/1P2-1281742.html 2012年10月3日閲覧。 
  4. ^ Jean Elysée Puiforcat | People | Collection of Smithsonian Cooper-Hewitt, National Design Museum
  5. ^ Puiforcat, Jean Elisée | Name | V&A Search the Collections
  6. ^ Loukin, Andrea.