ジャン・ラニョッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャン・ラニョッティ
Ragnottimc2011.JPG
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
WRCでの経歴
活動時期 1973 – 1987, 1990 – 1995
所属チーム ルノー
出走回数 41
チャンピオン回数 0
優勝回数 3
表彰台回数 9
ステージ勝利数 90
通算獲得ポイント 190
初戦 1973 ラリー・モンテカルロ
初勝利 1981 ラリー・モンテカルロ
最終勝利 1985 ツール・ド・コルス
最終戦 1995 ツール・ド・コルス
テンプレートを表示

ジャン・"ジャンノ"・ラニョッティJean "Jeannot" Ragnotti1945年8月29日 - )はフランスカルパントラ出身のラリードライバー。

経歴[編集]

1973年にラリードライバーとしてデビューする。1981年ラリー・モンテカルロをルノー・5で制した[1]。これはWRC史上初のターボエンジン搭載車による勝利であった。1982年にはツール・ド・コルスを制する。

ラニョッテイの駆るルノー・5

また、フランスツーリングカー選手権にも参戦しており、1988年にはシリーズチャンピオンを獲得している。1990年代も引き続いてルノーをドライブしたが、このときは前輪駆動のクリオ・マキシであった。

1995年に引退する。WRCにおける優勝回数こそ3回だが、性能に劣るマシンで速くパワーに勝るマシンに勝つドライビングは世界各国で高い人気を呼んだ。

フランス人であるが故にターマックスペシャリストのイメージを抱かれがちだが、グラベルラリーやウインターラリーでも好成績を残している。

同じフランス人ラリードライバーのフィリップ・ブガルスキーはラニョッティを「生涯の師匠」と仰ぎ、慕った。

1995年にモナコGPでペースカー先導を行った際、井上隆智穂が乗るフットワーク・FA16に追突した。引退後の1998年に公開されたフランス映画TAXi』では撮影ドライバーを務めた。

現在はルノーの名誉広報部長を務めており、ルノーや自動車専門雑誌などのイベントのゲストとしてたびたび来日している。

WRCでの優勝歴[編集]

 #  ラリー シーズン コ・ドライバー 使用車両
1 モナコの旗 49ème Rallye Automobile de Monte-Carlo 1981 ジャン=マルク・アンドレ Renault 5 Turbo
2 フランスの旗 26ème Tour de Corse - Rallye de France 1982 ジャン=マルク・アンドレ Renault 5 Turbo
3 フランスの旗 29ème Tour de Corse - Rallye de France 1985 ピエール・ティモニエ Renault 5 Maxi Turbo

参照[編集]

  1. ^ Smith, Roy (2008). Alpine & Renault: The Development of the Revolutionary Turbo F1 Car 1968 to 1979. Veloce Publishing Ltd. p. 22. ISBN 1845841778. http://books.google.com/books?id=646PVGF2Bd8C&pg=PA22&dq=%22Jean+Ragnotti%22+%22monte+carlo%22&hl=en&ei=iiGCTc-oN5KK0QGb_dnRCA&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=2&ved=0CDQQ6AEwAQ#v=onepage&q=%22Jean%20Ragnotti%22%20%22monte%20carlo%22&f=false 2011年3月17日閲覧。. 

関連項目[編集]

タイトル
先代:
エリック・コマス
フランスツーリングカー選手権チャンピオン
1988年
次代:
ジャン=ピエール・マルシャー