ジャン=バティスト・シルヴェール・ガイエ・ド・マルティニャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン=バティスト・ド・マルティニャック
GCLH
Jean Baptiste Gay, vicomte de Martignac.jpg
第6代 フランスの首相
任期
1828年1月4日 – 1829年8月8日
君主 シャルル10世
前任者 ジャン=バティスト・ド・ヴィレール英語版
後任者 ジュール・ド・ポリニャック
ロット=エ=ガロンヌ県代議院議員
任期
1816年10月5日 – 1832年4月3日
前任者 ピエール・シャルル・シルヴェストルフランス語版
後任者 ジャン・バティスト・ボリ・ド・サン=ヴァンサン
選挙区 マルマンド
個人情報
生誕 (1778-06-20) 1778年6月20日
フランス王国の旗 フランス王国ボルドー
死没 1832年4月3日(1832-04-03)(53歳)
フランスの旗 フランス王国パリ
政党 ウルトラ王党派英語版(1815年-1828年)
ドクトリネール英語版(1828年-1830年)
レジティミスト(1830年-1832年)
配偶者 エリザベート・ド・フェリポー(Élisabeth de Phéllipeaux) (m. 1812; d. 1832)
出身校 ボルドー大学英語版
専業 法律家詩人ヴォードヴィリアン
宗教 ローマ・カトリック

ジャン=バティスト・シルヴェール・ガイエ・ド・マルティニャックフランス語: Jean-Baptiste Sylvère Gaye de Martignac1778年6月20日 - 1832年4月3日)は、フランス復古王政の政治家。マルティニャック侯爵。シャルル10世の治世中に首相を務めた中道王党派。

生涯[編集]

マルティニャックはボルドーで生まれた。1798年、エマニュエル=ジョゼフ・シエイエスの秘書になる。一時従軍した後、文学に転向し、軽い演劇をいくつか書いた。フランス第一帝政時代ではボルドーで弁護士として成功を収め、1818年には宮廷のadvocate-generalに就任した。1819年にリモージュの法務長官に任命された後、1821年にマルマンド代議院議員に選出された。彼はそこでウルトラ王党派英語版ジャン=バティスト・ド・ヴィレール英語版の政策を支持した。1822年に参議(councillor of state)に任命され、1823年にはcivil commissaryとして王太子のアングレーム公とともにスペインに向かった。1824年に侯爵に叙され、director-general of registrationに任命された[1]

現実政治に直面したマルティニャックは自身のウルトラ王党派の考えを徐々に変えてドクトリネール英語版のそれに接近した。ヴィレールが失脚すると、シャルル10世はマルティニャックに新しい妥協政策の実施を命じた。マルティニャックは1828年1月4日に内相に任命され、閣僚評議会議長としての任命はなされなかったが実質的に内閣を率いた。彼は検閲を廃止する法律を成立させ、シャルル10世に1828年6月16日のイエズス会と小規模な神学校に関する法令を署名させることに成功した[1]

しかし、彼は極左と極右からの攻撃にさらされ、両者が結託した結果1829年4月に代議院でマルティニャックの議案を廃案に追い込むことに成功した。シャルル10世ははなからマルティニャックの政策を信頼しておらず、彼を更迭して代わりにジュール・ド・ポリニャックを任命した。1830年3月、マルティニャックは国王への反対を表明する議案に賛成票を投じた。しかし、その後の革命では自身のレジティミストの信念にしたがって行動した。マルティニャックが最後に公的に姿を現したのは1830年12月に貴族院でポリニャックを弁護するときだった[1]

著作[編集]

  • Bordeaux au mois de Mars 1815(1830年)
  • Essai historique sur les révolutions d'Espagne et l'intervention française de 1823(1832年)[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d  この記述にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Martignac, Jean Baptiste Sylvere Gay". Encyclopædia Britannica. 17 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 792.  This cites E. Daudet, Le Ministère de M. de Martignac (Paris, 1875).
公職
先代:
ジャン=バティスト・ド・ヴィレール英語版
フランスの首相
1828年 – 1829年
次代:
ジュール・ド・ポリニャック