ジャン=フレデリック・フェリポー・ド・モールパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モールパ伯爵ジャン=フレデリック・フェリポー

モールパ伯爵ジャン=フレデリック・フェリポーフランス語: Jean-Frédéric Phélypeaux, comte de Maurepas1701年7月9日 - 1781年11月21日)は、フランス王国の政治家。

生涯[編集]

フランス海軍大臣英語版ジェローム・フェリポー・ド・ポンシャルトラン英語版の息子として、1701年7月9日にヴェルサイユで生まれた[1]。父が海軍大臣の職を世襲権つきで購入したため、子供の頃から国務大臣となるための教育を受け[2]、14歳で海軍省に入った[1]

1718年、17歳という若さで(ラ・ヴリリエール侯爵英語版の監護下とはいえ)宮内大臣英語版に就任した。1723年8月16日には海軍大臣に正式に就任、海軍、植民地と海運を管理した[2]。1738年に国務会議に入り[3]、ラ・ヴリリエール侯爵(1725年没)の死後も海軍大臣に留まったが、1749年4月23日[2]ポンパドゥール夫人を風刺したエピグラムが原因となってパリから追放された[1]リシュリュー公爵によるクーデターだったという[3]

海軍大臣の任期中、モールパはフランス海軍を再建、特に1730年代と1740年代には新大陸の植民地帝国の守備を強化した[4]。モールパは効果的な情報機関を維持して、北米に向かうイギリス艦船の情報を得たため[5]、それを守備の計画に活用することができた。トゥループ・ド・ラ・マリン(フランス領カナダの海兵隊)への予算の大幅増も追い風となり、1720年代から1730年代にかけて900万リーブル程度だった予算が1739年に1,920万、1740年に2,000万、1741年に2,600万、1742年に2,700万リーブルと増える一方だった[2]

1774年にルイ16世が国王に即位すると、モールパは国務大臣になり、ジャック・テュルゴーを財務大臣に、クレティアン=ギヨーム・ド・ラモワニョン・ド・マルゼルブを宮内大臣に、シャルル・グラヴィエ・ド・ヴェルジャンヌ英語版を外務大臣に任命した[1]。しかし、ルネ・ニコラ・シャルル・オーギュスタン・ド・モプー英語版が廃止した高等法院を復活させるという失政を犯し、フランス革命の遠因を作ってしまった。テュルゴーがルイ16世への影響力を強めたため陰謀をめぐらし、1776年にテュルゴーを追い落としたが、代わりにジャック・ネッケルを任命したため6か月間の混乱を引き起こし、さらに1781年には今度はネッケルを見捨てた[1]。同年11月21日、ヴェルサイユで死去した[1]

死後[編集]

アメリカ合衆国ルイジアナ州モールパ湖はモールパ伯爵に因んで名づけられ、モールパの新大陸への影響が垣間見える[3]

家族[編集]

1718年、マリー=ジャンヌ・フェリポー・ド・ラ・ヴリリエール(Marie-Jeanne Phélypeaux de La Vrillière)と結婚した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Maurepas, Jean Frédéric Phélypeaux, Comte de" . Encyclopædia Britannica (in English). 17 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 907.
  2. ^ a b c d Rule, John C., “Jean-Frederic Phelypeaux, comte de Pontchartrain et Maurepas: Reflections on His Life and His Papers”, The Journal of the Louisiana Historical Association Vol 6: 1965, pp. 365-377.
  3. ^ a b c McLynn, F. "An Eighteenth-Century Scots Republic? An Unlikely Project from Absolutist France", Scottish Historical Review Vol 59, Edinburgh University Press:1980, p. 177.
  4. ^ Rule, John C."The Maurepas Papers: Portrait of a Minister", French Historical Studies Vol. 4, Duke University Press, 1965, p. 104.
  5. ^ Rule, John C."The Maurepas Papers: Portrait of a Minister", French Historical Studies Vol. 4, Duke University Press, 1965, p. 105.

関連項目[編集]

  • コント・ド・モールパ (船)英語版
  • モールパ (イヴリーヌ県)英語版
宮廷職
先代:
ルイ2世・フェリポー・ド・ラ・ヴリリエール英語版
フランス宮内大臣英語版
1718年3月30日 - 1749年4月20日
次代:
ルイ・フェリポー・ド・サン=フロランタン英語版
公職
先代:
シャルル=ジャン=バティスト・ド・フルリオ
フランス海軍大臣英語版
1723年8月16日 - 1749年4月23日
次代:
アントワーヌ・ルイ・ルイエ英語版
先代:
ジャック・テュルゴー
フランス首席大臣
1776年5月14日 - 1781年11月21日
次代:
シャルル・グラヴィエ・ド・ヴェルジャンヌ英語版