ジャン=ポール・ラプノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ジャン=ポール・ラプノー(Jean-Paul Rappeneau, 1932年4月8日 - )は、フランスオセール出身の映画監督・脚本家。

息子のジュリアン・ラプノーは脚本家として、マルタン・ラプノーはミュージシャンとして父の監督作『ボン・ヴォヤージュ』にも参加している。

1960年代にルイ・マルの助監督、共同脚本家としてキャリアをスタートさせる。『城の生活』で監督デビュー後は、寡作ながらドヌーヴ、ベルモンド、モンタン、アジャーニ、ドパルデュー、ビノシュといったスターを配した話題作を発表している。

監督作品[編集]

  • 城の生活(Le vie de château 1966年)
  • コニャックの男(Les Mariés de l'an II 1971年)
  • うず潮(Le sauvage 1975年)
  • イザベル・アジャーニ 炎のごとく (Tout feu tout flamme 1982年、ビデオ・スルー)
  • シラノ・ド・ベルジュラックCyrano de Bergerac 1990年)
  • プロヴァンスの恋(Le Hussard sur le toît 1995年)
  • ボン・ヴォヤージュ(Bon voyage 2003年)

脚本作品[編集]