ジャー・シャカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ジャー・シャカ
Jah Shaka
SHAKA.JPG
ジャー・シャカ
(2002年6月23日、NYC's Central Park)
基本情報
出生 1950年代
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ クラレンドン教区
ジャンル レゲエ
ルーツロックレゲエ
ダブ
公式サイト jahshakasoundsystem

ジャー・シャカ (Jah Shaka) は、イギリスレゲエミュージシャン、サウンドマン。名前のシャカは、18世紀のズールー族の王、シャカ・ズールーに由来する。

略歴[編集]

1950年代後半にジャマイカクラレンドン教区で生まれ、幼い頃(8歳頃)イギリスへ渡る。

1960年代末から、イギリスにおいてレゲエのサウンド・システムを始める。

1980年代頃からミュージシャンとして音源の製作も始める。トゥインクル・ブラザースやアスワドといったUK中心に活動するアーティストや、ホレス・アンディ、マックス・ロメオ、ジョニー・クラークといったジャマイカ人アーティストの音源を録音した。

ジャー・シャカは、ジャマイカのサウンド・システムがスラックネス(下ネタ)を含むダンスホール・レゲエに傾いていった1980年代にも、ラスタファリ運動に根ざしたサウンド・システムを構成しイギリスを中心に活動したことで知られ、ジャマイカとは異なる「UKルーツ」と呼ばれるジャンルの道筋を作った。

彼のルーツロックレゲエへの傾倒は、アバ・シャンティ・アイ、ディサイプルズ、アイレ−ション・ステッパーズなどの多くの新しいイギリスのレゲエ・アーティストやサウンド・システムを大いに奮い立たせた。ベースメント・ジャックスなどの非レゲエのアーティストもインタビューでジャー・シャカに影響を受けたと語っている。