ジュウレイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジュウレイト(モンゴル語: Je'üreyid)とは、モンゴル部に属する遊牧集団の名称。『モンゴル秘史』では沼兀列亦惕(zhǎowùlièyìtì)、『聖武親征録』では照烈(zhàoliè)、『元史』では召烈台(zhàoliètái)と表記される。

概要[編集]

『モンゴル秘史』によると、ボルジギン氏(モンゴル部の支配氏族)の始祖ボドンチャルが正妻を娶った時、正妻の輿入れに従って来た女性がいた。その女性とボドンチャルとの間にジュウレデイという息子が生まれ、ジュウレデイの子孫がジュウレイト氏を形成したという。また、『モンゴル秘史』はボドンチャルの死後、ジュウレデイは「本当はアダンカ・ウリヤンカト族の男の子供である」と誹られ、モンゴル部の霊廟から追い出されたという伝承を伝えている[1]。なお、『集史』はジュウレイト部とジャジラト部を混同しており、ジュウレイト部について断片的な記述しか残していない[2]

12世紀末、モンゴル部内ではテムジン(後のチンギス・カン)率いるキヤト氏タイチウト氏が最も有力な集団であり、モンゴル部内の主導権争いを繰り広げていた。ジュウレイトはタイチウト氏に隷属していたがキヤト氏に近い場所で居住しており、テムジンの勢力とともに狩猟を行うこともあった。テムジンはジュウレイト人の宿泊の助けをしたり、狩猟ではわざとジュウレイト側に獣を追いやるなどしたため、ジュウレイト人は次第にテムジンに靡くようになった。この頃、逆にタイチウト氏はジュウレイト氏に対して横暴な振る舞いを取ることが多かったため、遂にジュウレイト氏の長ウルン・バートルはタイチウト氏を見限ってテムジンの配下に入った。しかし、これに怒ったタイチウト氏はジュウレイト部を攻め滅ぼしてしまった[3][4]

タイチウト氏の攻撃を受けてジュウレイト氏は壊滅状態に陥り、テムジンが勢力を拡大しモンゴル帝国を建国した後もほとんど有力な武将を輩出しなかった。チンギス・カンに仕えたジュウレイト人は2名記録されており、1人はチョウルといい、反テムジン派勢力がジャムカをグル・カンに推戴した情報をいち早く報告した功績で知られている[5]。もう一人はシルゲイと言い、ミンガン(千人隊長)に任ぜられて征服戦争に従軍したとされるが、具体的な功績は残されていない[6]。なお、『集史』などのペルシア語史料はこの2名についてほとんど言及していない。

脚注[編集]

  1. ^ 村上1970,44-45頁
  2. ^ 村上1970,49-50頁
  3. ^ 『元史』巻1太祖本紀,「当是時、諸部之中、唯泰赤烏地広民衆、号為最強。其族照烈部、与帝所居相近。帝常出猟、偶与照烈猟騎相属。帝謂之曰『今夕可同宿乎』。照烈曰『同宿固所願、但従者四百、因糗糧不具、已遣半還矣、今将奈何』。帝固邀与宿、凡其留者、悉飲食之。明日再合囲、帝使左右駆獣向照烈、照烈得多獲以帰。其衆感之、私相語曰『泰赤烏与我雖兄弟、常攘我車馬、奪我飲食、無人君之度。有人君之度者、其惟鉄木真太子乎』。照烈之長玉律、時為泰赤烏所虐、不能堪、遂与塔海答魯領所部来帰、将殺泰赤烏以自效。帝曰『我方熟寐、幸汝覚我、自今車轍人跡之途、当尽奪以与汝矣』。已而二人不能踐其言、復叛去。塔海答魯至中路、為泰赤烏部人所殺、照烈部遂亡」
  4. ^ 『聖武親征録』「是時泰赤烏部地広民衆而内無統紀、其族照烈部与我近、常猟斡禅札剌馬思之野。上時亦猟囲、陳隅相属既合。上曰『可同宿於此乎』。彼曰『猟騎四百、糗糧不具、已遣半還』。上曰『命給助同宿者』。越明日、再合囲。上賓之、使駆獣近彼陳、讓多獲以厭其心。彼衆咸相語曰『泰赤烏与我雖兄弟、常攘我車馬、奪我飲食。厚恤我者其此人乎』。大称羨而帰。上因遣告之曰『可来結盟否』。照烈之長玉律抜都謀於族長馬兀牙答納対曰『泰赤烏何悪於我。彼亦為兄弟、何遽降之』、不従。玉律抜都遂与塔海答魯領所部来帰。謂上曰『如我属、将有無夫之婦、無牧之馬而来、以泰赤烏長母之子討殺我也。我擔当棄親従義而招之』。上曰『我方熟寐、摔発而悟之。兀坐掀髯而起之、汝之言我素心也。汝兵車所至、余悉力而助也』。既盟後、二人食言叛帰。族人忽敦忽児章怨塔海答魯反側、遂殺之。照烈部已亡矣、泰赤烏部衆苦其長非法、相告曰『太子衣人以己衣、乗人以己馬、安民定国、必此人也』。因悉来帰」
  5. ^ 『元史』巻123列伝10召烈台抄兀児伝,「召烈台抄兀児、初事太祖、時有哈剌赤・散只兀・朶魯班・塔塔児・弘吉剌・亦乞列思等、居堅河之濱忽蘭也児吉之地、謀奉札木合為帝、将不利於太祖。抄兀児知其謀、馳以告太祖、遂以兵収海剌児阿帯亦児渾之地、尽誅札木合等。惟弘吉剌入降。太祖賜以答剌罕之名」
  6. ^ 『元史』巻132列伝19麦里伝,「麦里、徹兀台氏。祖雪里堅那顔、従太祖与王罕戦、同飲班真河水、以功授千戸、領徹里台部、征討諸国、卒于河西。父麦吉襲職、従太宗定中原、以疾卒。麦里襲職、従定宗略定欽察・阿速・斡魯思諸国。従憲宗伐宋、有功」

参考文献[編集]

  • 志茂碩敏『モンゴル帝国史研究 正篇』東京大学出版会、2013年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 1巻』平凡社、1970年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 2巻』平凡社、1972年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 3巻』平凡社、1976年
  • 村上正二『モンゴル帝国史研究』風間書房、1993年