ジュスティン・バイロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジュスティン・バイロー Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Justin Bijlow
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1998-01-22) 1998年1月22日(20歳)
出身地 ロッテルダム
身長 190cm
選手情報
在籍チーム オランダの旗 フェイエノールト
ポジション GK
背番号 22
利き足 右足
ユース
2003-2006 オランダの旗 SC フェイエノールト
2006-2017 オランダの旗 フェイエノールト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- オランダの旗 フェイエノールト 3 (0)
代表歴2
2014  オランダ U-16 3 (0)
2014-2015  オランダ U-17 13 (0)
2015-2018  オランダ U-19 13 (0)
2018-  オランダ U-21 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年8月2日現在。
2. 2018年8月2日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジュスティン・バイロー(Jusutin Bijlow,1998年1月22日 - )は、オランダ南ホラント州ロッテルダム出身のサッカー選手。ポジションはGKフェイエノールト所属。

経歴[編集]

バイローは、アマチュア部門を経てフェイエノールトのプロ部門のユースに加入。2016年にトップチームに昇格。2017年8月13日のエールディヴィジFCトゥウェンテ戦(2-1勝利)で怪我のブラッドリー・ジョーンズケネト・フェルメールの代役としてトップチームデビューした。このシーズン、フェルメールが長期離脱したことでバイローは第2GKとしてベンチに座り、シーズン終盤にはリーグ戦の4位が確定したことでスパルタ・ロッテルダム戦、SCヘーレンフェーン戦でフル出場する機会を得ると、ヘーレンフェーン戦ではアルベル・ゼネリのPKを止めるなど、バイローは将来性のあるGKとして高い評価を受けるだけでなく、低調なシーズンだったジョーンズに代わる第1GK候補として頻繁に名前を挙げられる存在となった。

自身も「第1GKを目指す」と公言して[1]臨んだ新シーズンの前の2018年夏のプレシーズン、フェルメールがリハビリ期間中、ジョーンズが2018 FIFAワールドカップ参加で不在だったため、チャンスを得たバイローはトレーニングと練習試合で好印象を残し、最終的にブラッド・ジョーンズが移籍したこともあり、監督ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストヨハン・クライフ・スハール前の会見でバイローが第1GKと認めた。8月4日に行われたPSVとのヨハン・クライフ・スハールではPK戦で2度PKをセーブし、第1GKとして初の公式戦でチームをタイトルに導いている[2]

人物[編集]

  • フェイエノールト・サポーターの家庭で育ち、本人も熱狂的なサポーターである[3]

タイトル[編集]

フェイエノールト

脚注[編集]