ジュゼッペ・アントニオ・ヴィンチェンツォ・アルドロヴァンディーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ジュゼッペ・アントニオ・ヴィンチェンツォ・アルドロヴァンディーニ(Giuseppe Antonio Vincenzo Aldrovandini, 1671年6月8日 - 1708年2月9日)は、イタリア作曲家

生涯[編集]

ボローニャ出身。ジャコモ・アントニオ・ペルティ作曲対位法を学び、1691年に最初の作品であるオラトリオ『天国の戦争』を作曲した。1695年アカデミア・フィラルモニカ・ディ・ボローニャに入会し、1701年には会長に選ばれた。1702年マントヴァ公の名誉宮廷作曲家の称号を得、フェラーラのアカデミア·デル·サント·スピリトの楽長に就任した。また音楽に造詣の深かったトスカーナ大公子フェルディナンド・デ・メディチの歌唱の師だったと推測されている。

1707年、ヴェネツィアに赴く途中、ボローニャの運河で溺死した。

作品[編集]

後期ボローニャ楽派の作曲家の一人で、作品には14のオペラの他、オラトリオ、カンタータ協奏曲ソナタなどがある。

文献[編集]

  • Luigi Ferdinando Tagliavini: ALDROVANDINI (inesatto Aldovrandini), Giuseppe Antonio Vincenzo, In: Dizionario Biografico degli Italiani volume 2 (en ligne chez Treccani.it)