ジュゼッペ・ガッザニーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ジュゼッペ・ガッザニーガまたはガッツァニーガGiuseppe Gazzaniga, 1743年10月5日 - 1818年2月1日)はイタリア作曲家。ジョヴァンニ・ベルターティの台本による歌劇ドン・ジョヴァンニ》(1787年)の成功によって有名。

ヴェローナ出身。当初は聖職を目指したが、ヴェネツィアで、次いでニコラ・ピッチンニナポリで師事して音楽を学ぶ。後にクレマ大聖堂の教会楽長として一生を送った。

ガッザニーガの《ドン・ジョヴァンニ》は、モーツァルトダ・ポンテの台本で《ドン・ジョヴァンニ》を作曲する際に参考にした(あるいはダ・ポンテが台本を作成する際に、ベルターティの台本を参考にした)と言われる。