ジュゼッペ・ペアノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジュゼッペ・ペアノ

ジュゼッペ・ペアノペアーノGiuseppe Peano [dʒuˈzɛppe peˈaːno], 1858年8月27日ピエモンテ州クーネオ1932年4月20日トリノ)はイタリア数学者トリノ大学教授。自然数公理系 (ペアノの公理)、ペアノ曲線の考案者として知られる。

人工言語の一つである無活用ラテン語を提唱したことでも知られる。

著書[編集]

Aritmetica generale e algebra elementare, 1902
  • ペアノ『数の概念について』小野勝次・梅沢敏郎訳・解説、共立出版〈現代数学の系譜 2〉、1969年8月。ISBN 4-320-01155-4。

参考文献[編集]

  • F・ガレス・アシャースト『10人の大数学者 現代数学を築いた人々』好田順治訳、講談社ブルーバックス;B-632〉、1985年12月、173 - 197頁。ISBN 4-06-132632-5。

関連項目[編集]