ジュゼッペ・マッテオ・アルベルティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ジュゼッペ・マッテオ・アルベルティ(Giuseppe Matteo Alberti, 1685年9月20日 - 1751年2月18日)は、イタリア作曲家ヴァイオリニスト

目次

生涯

ボローニャ出身。ヴァイオリン対位法作曲を学んだ後、1705年からアカデミア・フィラルモニカのメンバーとなり、1721年から1744年までの間に6回会長に選出された。さらに1709年からサン・ペトロニオ・カペラ・ムジカーレのバイオリニストを務め、1726年からサン・ジョヴァンニ教会の楽長を、1734年からはジャコモ・アントニオ・ペルティのもとでサン・ドメニコ教会の副楽長を務めた。

作品はアントニオ・ヴィヴァルディの影響を受けており、特にイギリスで人気があった。

作品

  • 教会と室内楽のための10の協奏曲 Op.1(1713)
  • オラトリオ『受胎告知』(1720)
  • ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ Op.2(1721)

文献