ジュニア・オールスター戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ジュニア・オールスター戦女子プロレスの興行。キャリア5年未満の女子プロレスラーが団体の枠を越えて集うビッグイベントである。過去5回開催され、主催団体はそれぞれ異なる。

概要[編集]

1990年後半の女子プロレス界は対抗戦ブームが一段落しており、世代交代が課題として浮上していた。そんな中、各団体の有望若手選手を集めた興行が構想として練りこまれ、1996年に全日本女子プロレス主催の下、7団体30名の選手が参加して第1回が開催された。その後各団体持ち回りで毎年開催していくが、新人選手減少のため第3回を最後に休止。

しかし、2005年から2006年にかけて各団体に新人選手が多数入門してきたことから2006年に第4回ジュニア・オールスター戦が昨今の格闘技界において定着している大晦日興行として8年ぶりの復活を果たした。2007年も開催した。

第1回ジュニア・オールスター戦[編集]

主催:全日本女子プロレス
開催日:1996年5月18日
開催地:大田区体育館

参加選手[編集]

大会MVP:里村明衣子

ベストバウト:田村欣子vs久住智子(全日本ジュニア選手権試合

第2回ジュニア・オールスター戦[編集]

主催:GAEA JAPAN
開催年:1997年7月19日
開催地:横浜文化体育館

参加選手[編集]

大会MVP:田村欣子

第3回ジュニア・オールスター戦[編集]

主催:吉本女子プロレスJd'
開催年:1998年11月10日
開催地:後楽園ホール

参加選手[編集]

第4回ジュニア・オールスター戦[編集]

主催:NEO女子プロレス
開催日:2006年12月31日
開催地:後楽園ホール
観衆:1,005人(満員)

この年はジュニア・オールスター戦開催に先立ち、第1・2回に出場した椎名由香の引退試合が第1試合として組まれた。

対戦結果[編集]

第1試合 椎名由香引退試合タッグマッチ30分1本勝負
吉田万里子エスオベーション
佐藤綾子伊藤道場
22分7秒
蜘蛛絡み→レフェリーストップ TKO
勇気彩(NEO)
椎名由香(NEO)×
第2試合 シングルマッチ15分1本勝負
江本敦子(フリー) 10分41秒
ダイビング・エルボードロップ→片エビ固め
松本浩代(エスオベーション)×
第3試合 シングルマッチ15分1本勝負
小林華子(伊藤道場) 6分6秒
押さえ込み→体固め
みどり(伊藤道場)×
第4試合 シングルマッチ15分1本勝負
大木香(JWP) 3分52秒
前方回転エビ固め
大畠美咲(JDスター)×
第5試合 シングルマッチ15分1本勝負
りほアイスリボン 3分28秒
変形鎌固め
真琴(アイスリボン)×
第6試合 シングルマッチ15分1本勝負
バンビK-DOJO 10分33秒
フェースバスター→体固め
春日萌花我闘姑娘)×
第7試合 シングルマッチ15分1本勝負
(我闘姑娘) 8分30秒
シューティングスタープレス→片エビ固め
チェリーユニオン)×
第8試合 シングルマッチ15分1本勝負
渋谷シュウ(JDスター) 9分55秒
回転エビ固め
栗原あゆみ(フリー)×
第9試合 シングルマッチ15分1本勝負
浦井百合ガッツワールド 7分17秒
ダブルリスト・アームサルト
野崎渚(NEO)×
第10試合 JWP認定ジュニア選手権試合30分1本勝負
中島安里紗(JWP・王者) 7分58秒
キューティースペシャル
石井美紀(我闘姑娘・挑戦者)×
第11試合 POP選手権試合60分1本勝負
×風香(JDスター・王者) 14分27秒
たいようちゃんボム→エビ固め
夏樹☆たいようSUN・挑戦者)○
第12試合 タッグマッチ30分1本勝負
市井舞(伊藤道場)
○佐藤綾子
17分15秒
ジャーマン・スープレックス・ホールド
木村響子(フリー)
希月あおい(我闘姑娘)×

各賞[編集]

  • 大会MVP:夏樹☆たいよう
  • ベストバウト:渋谷シュウvs栗原あゆみ

第5回ジュニア・オールスター戦[編集]

主催:JWP女子プロレス
開催日:2007年12月31日
開催地:後楽園ホール
観衆:882人

対戦結果[編集]

第1試合 シングルマッチ15分1本勝負
○野崎渚(NEO) 7分29秒
ダイビング・ボディプレス→体固め
新関真由香(JWP)×
第2試合 タッグマッチ15分1本勝負
十文字姉妹(センダイガールズ
仙台幸子
DASH・チサコ
12分59秒
ウラカンラナ
紫雷姉妹(TEAM MAKEHEN
紫雷美央×
紫雷イオ
第3試合 ジュニアバトルロイヤル時間無制限(オーバー・ザ・トップロープルール)
中川ともか(エスオベーション) 9分47秒
唸れ剛腕→片エビ固め
石井美紀(アイスリボン)×
※退場順:フランソワーズ☆(LLPW)、浦井百合(ガッツワールド)、水沼美加(IGF)、真琴(アイスリボン)、森居知子(伊藤道場)、佐藤綾子(伊藤道場)
第4試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
○渋谷シュウ(フリー)
チェリー(ユニオン)
大木アスカ(JWP)
18分24秒
サタニコ
大畠美咲(エスオベーション)×
華名(フリー)
中川ともか
第5試合 タッグマッチ30分1本勝負
○夏樹☆たいよう(SUN)
風香(フリー)
17分9秒
たいようちゃん☆ボム
桜花由美WAVE
×市井舞(伊藤道場)
第6試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
○中島安里紗(JWP)
松本浩代(エスオベーション)
小林華子(伊藤道場)
19分29秒
キューティースペシャル
希月あおい(アイスリボン)
勇気彩(NEO)
ティラノサウルス奥田(センダイガールズ)

各賞[編集]

  • 大会MVP:中島安里紗
  • ベストバウト:中島&松本&小林vs奥田&希月&勇気

※ 所属団体およびリングネームはいずれも開催当時のもの。