ジュリアに傷心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジュリアに傷心
チェッカーズシングル
初出アルバム『毎日!!チェッカーズ
B面 チェッカーズのX'mas Song
リリース
ジャンル J-POP
レーベル キャニオン・レコード
作詞・作曲 売野雅勇芹澤廣明
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 1985年度年間1位(オリコン)[1]
  • 1位(ザ・ベストテン
  • 1984年年間80位(ザ・ベストテン)
  • 1985年上半期11位(ザ・ベストテン)
  • 1985年年間23位(ザ・ベストテン)
  • チェッカーズ シングル 年表
    星屑のステージ
    (1984年)
    ジュリアに傷心
    (1984年)
    あの娘とスキャンダル
    (1985年)
    テンプレートを表示

    ジュリアに傷心」(ジュリアにハートブレイク)は、1984年11月にリリースされたチェッカーズの5枚目のシングルである。

    解説[編集]

    • オリコンチャートの売上枚数において、チェッカーズとしては同曲が最大のヒット曲となる。また、1985年度の年間オリコンチャートでも第1位を獲得した。オリコン発表の売上枚数は70.3万枚[1]
    • 武内享が解散後、元々この曲は「傷だらけのイエスタディ」というタイトルで歌詞も全く違っており、武内自身は元曲の方がかっこよくて好きだったことを明かしている。
    • ブルボンから発売された食玩CDJ'sポップスの巨人たち 80'sポップス編』にもチェッカーズの代表曲として「星屑のステージ」と共に収録されている。
    • リードボーカルの藤井郁弥がテレビでこの曲を歌うときは、必ず原曲よりキーを落として歌っていた。
    • 2017年4月、劇団た組。本公演として同タイトル名で舞台化され、横浜赤レンガ倉庫で上演。作・演出は加藤拓也が担当[2]

    収録曲[編集]

    1. ジュリアに傷心
      シングルバージョンとアルバムバージョンではミックスが若干異なり、アルバムバージョンでは低音が強調されている。
      『COMPLETE THE CHECKERS all singles collection』や『スーパーベストコレクション32』にはアルバムバージョンが収録されており、これは担当者のミスであると思われる[要出典]
      桃井かおりベンチャーズCHiYOAcid Black Cherryなどがカバーしている。
      また、作曲の芹澤廣明自身も、1987年のアルバム『Million Tears』でセルフカバーしている。
    2. チェッカーズのX'mas Song
      アマチュア時代に武内が、ジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス (戦争は終った)」を意識して作った曲で、歌詞もかなり違っていた。

    カバーした歌手[編集]

    ジュリアに傷心

    Oh, my Julia

    脚注[編集]

    参考文献[編集]

    • スージー鈴木 『1984年の歌謡曲』 イースト・プレス〈イースト新書〉、2017年2月。ISBN 978-4-7816-5080-7。

    関連項目[編集]