ジュリアス・シーザー (1953年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジュリアス・シーザー
Julius Caesar
Marlon Brando in Julius Caesar trailer.jpg
監督 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
脚本 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
原作 ウィリアム・シェイクスピア
製作 ジョン・ハウスマン
音楽 ミクロス・ローザ
撮影 ジョセフ・ルッテンバーグ
編集 ジョン・ダニング
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年6月4日
日本の旗 1953年12月6日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2,070,000ドル[1]
配給収入 2,021,000ドル(北米)
1,899,000ドル(海外)[1]
テンプレートを表示

ジュリアス・シーザー』(Julius Caesar)は、1953年制作のアメリカ映画

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』の映画化作品。監督は、ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ

マーロン・ブランドジェームズ・メイスンジョン・ギールグッドルイス・カルハーンエドモンド・オブライエングリア・ガースンデボラ・カーら、 当時の豪華キャストで制作された。

1953年のアカデミー賞の美術(白黒)賞を受賞している。

ストーリー[編集]

紀元前44年のローマ。ジュリアス・シーザーは終身独裁官となり、市民の圧倒的支持を集めていたが、共和派のカシアスたちは危機感を抱く。シーザーは競技場に向かう途中、占い師から「3月15日に気をつけろ」と忠告されるが無視する。3月14日の激しい嵐の夜、シーザーの側近ブルータスの元にカシアスたちが集まり、シーザー暗殺を持ち掛ける。ブルータスの物思いに沈むのを気遣う妻のポーシャ。 3月15日、シーザーは悪夢を見た妻カルプルニアの反対を押し切って元老院に行き、刺殺される。ブルータスはローマ市民の前で暗殺の正当性を訴え支持されるが、アントニーがシーザーを称え、熱弁をふるうと、市民はアントニー側につき暴動を起こす。 ブルータスたちはローマを離れ、シーザーの養子オクタビアスとアントニーが政治の実権を握る。ブルータスとカシアスは謀反人となり関係も悪くなるが、ポーシャの自殺の報を聞いて、一致団結する。 アントニーは暗殺者たちを討伐するため兵を進める。フィリッピの戦いで敗れたブルータスは従者に命じて自分を刺殺させる。ブルータスの遺体と対面したアントニーは、彼の高潔な人格を称えて手厚く葬ると宣言する。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study .