ジュリアス・ランドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ジュリアス・ランドル
Julius Randle
Julius Randle with Lakers.jpg
ロサンゼルス・レイカーズてのランドル (2015年)
ニューヨーク・ニックス  No.30
ポジション PF/C
背番号 30
身長 206cm (6 ft 9 in)
体重 113kg (249 lb)
ウィングスパン 213cm  (7 ft 0 in)[1]
シュート
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Julius Deion Randle
ラテン文字 Julius Randle
誕生日 (1994-11-29) 1994年11月29日(26歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州の旗 テキサス州ダラス
出身 ケンタッキー大学
NBAドラフト 2014年 7位 
選手経歴
2014-2018
2018-2019
2019-
ロサンゼルス・レイカーズ
ニューオーリンズ・ペリカンズ
ニューヨーク・ニックス

ジュリアス・ランドルJulius Deion Randle1994年11月29日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のプロバスケットボール選手。NBAニューヨーク・ニックスに所属している。ポジションはパワーフォワード

経歴[編集]

ケンタッキー大学で1年間プレーし、平均19得点10.3リバウンドを記録し、2014年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明。7位という高評価でロサンゼルス・レイカーズに指名された[2]

ロサンゼルス・レイカーズ[編集]

しかし、2014-15シーズン開幕戦のヒューストン・ロケッツ戦で右足を重度の骨折[3]。ランドルのルーキーシーズンは、わずか1試合14分の出場で終了してしまった。 その後手術とリハビリを経て2015年夏のNBAサマーリーグて実戦復帰。2015-16シーズン開幕戦のミネソタ・ティンバーウルブズ戦で1年振りに復帰し、15得点11リバウンドのダブル・ダブルで復帰戦を飾った[4]。2018年3月11日に行われたクリーブランド・キャバリアーズ戦でキャリア・ハイとなる36得点、14リバウンド、7アシストを記録、試合はレイカーズが127-113で勝利した[5]

ニューオーリンズ・ペリカンズ[編集]

2018年レイカーズからクオリファイング・オファーを破棄されて完全FAとなり、ニューオーリンズ・ペリカンズと2年1800万ドルで契約した。2018-19シーズンは1試合平均21.4得点、8.7リバウンドという大活躍を見せた。オフにプレイヤーオプションを破棄し、FAとなった。

ニューヨーク・ニックス[編集]

2019年にニューヨーク・ニックスと3年6300万ドルの契約を結んだ[6]

プレースタイル[編集]

幅のある体を生かしてリバウンドをとることができ、NBAのゴール下でも得点することができる。

ビッグマンとしてはハンドリングと視野に優れており安易なパスをだすことも少ない。

走力にも優れているため速攻にも積極的に参加する。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2014–15 LAL 1 0 14.0 .333 --- .000 .0 .0 .0 .0 2.0
2015–16 81 60 28.2 .429 .278 .715 10.2 1.8 .7 .4 11.3
2016–17 74 73 28.8 .488 .270 .723 8.6 3.6 .7 .5 13.2
2017–18 82 49 26.7 .558 .222 .718 8.0 2.6 .5 .5 16.1
2018–19 NOP 73 49 30.6 .524 .344 .731 8.7 3.1 .7 .6 21.4
2019–20 NYK 64 64 32.5 .460 .277 .733 9.7 3.1 .8 .3 19.5
通算:6年 375 295 29.2 .493 .295 .724 9.0 2.8 .7 .5 16.1

プレーオフ[編集]

出場なし

その他[編集]

ランドルはダラス出身ながら、地元のダラス・マーベリックスではなく根っからのロサンゼルス・レイカーズコービー・ブライアントの大ファンだったという。

脚注[編集]

[脚注の使い方]