ジュリアン・デュヴィヴィエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ジュリアン・デュヴィヴィエ
Julien Duvivier
生年月日 1896年10月3日
没年月日 1967年10月30日(満71歳没)
出生地 フランスの旗 フランス共和国 ノール県リール
死没地 フランスの旗 フランス パリ
職業 映画監督脚本家俳優
ジャンル 演劇映画
活動期間 1919年 - 1967年

ジュリアン・デュヴィヴィエJulien Duvivier, 1896年10月3日 - 1967年10月30日)は、フランス映画監督脚本家俳優である。

人物・来歴[編集]

1896年10月3日、ノール県リールに生まれる。

パリで舞台俳優として活躍していたが、舞台助監督から舞台監督となり、1919年に映画監督としてデビュー。しばらくヒットに恵まれなかったが、1930年代から数々の名作を作り上げた。

彼は古典フランス映画のビッグ5の1人である。他の4人は、ジャック・フェデージャン・ルノワールルネ・クレールマルセル・カルネである。

第二次世界大戦中は、アメリカ合衆国に亡命。しかし、あまりハリウッドとは水に合わず、戦後再びフランスに戻り作品を撮り続けた。

日本では彼の作品が戦前から異常なほど人気があり、映画史研究家ジョルジュ・サドゥールによれば、「この監督は、東洋の一小国だけにおいて、熱烈な観客がいる」と言わしめているほどであった。現在では、フランス本国においても正当な評価を受けている。

1967年10月30日、パリ市内で自動車を運転中に心臓発作を起こし昏倒し、他の車に衝突し、そのはずみで街路樹に激突する事故を起こして死去した。満71歳没。なお、衝突された車にはモーリス・シューマンが乗っていたが、モーリスに怪我は無かった。

その他[編集]

  • 1959年(昭和34年)6月7日、第2回フランス映画祭のため来日している。

主な監督作品[編集]

  • 資本家ゴルダー -David Golder (1930)
  • カイロの戦慄 - Les cinq gentlemen maudits/Die fünf verfluchten Gentlemen (1931)※フランス語版・ドイツ語版
  • 巴里-伯林 -Allo Berlin ? Ici Paris! (1931)
  • にんじん -Poil de carotte (1932 原作:ジュール・ルナール[1]
  • モンパルナスの夜 -La tête d'un homme (1933)
  • 商船テナシチー -Le paquebot Tenacity (1934)
  • 白き處女地 - Maria Chapdelaine (1934)
  • ゴルゴダの丘 -Golgotha (1935)
  • 地の果てを行く - La Bandera (1935)
  • 巨人ゴーレム -Le Golem (1936)
  • 我等の仲間 - La belle équipe (1936)
  • 望郷 - Pépé le Moko (1937)
  • 舞踏会の手帖 -Un carnet de bal (1937)
  • グレート・ワルツ - The Great Waltz (1938)
  • 旅路の果て - La fin du jour (1939)
  • 幻の馬車 - La charrette fantôme (1939)
  • わが父わが子 - Untel père et fils (1940)
  • リディアと四人の恋人 - Lydia (1941)
  • 運命の饗宴 - Tales of Manhattan (1942)
  • 肉体と幻想 -Flesh and Fantasy (1943)
  • 逃亡者 -The Impostor (1944)
  • パニック -Panique (1946)
  • アンナ・カレニナ -Anna Karenina (1948)
  • 神々の王国 -Au royaume des cieux (1949)
  • 巴里の空の下セーヌは流れる -Sous le ciel de Paris (1951)
  • 陽気なドン・カミロ -Petit monde de Don Camillo (1951)
  • アンリエットのパリ祭 -La Fête à Henriette (1952)
  • ドン・カミロ頑張る -Le Retour de Don Camillo (1953)
  • 埋れた青春 -L'affaire Maurizius (1954)
  • わが青春のマリアンヌ -Marianne de ma jeunesse/Marianne, meine Jugendliebe (1955)※フランス語版・ドイツ語版
  • 殺意の瞬間 - Voici le temps des assassins (1956)
  • 奥様ご用心 -Pot-Bouille (1957)[2]
  • 私の体に悪魔がいる -La Femme et le pantin (1959)
  • 自殺への契約書 -Marie-Octobre (1959)
  • 並木道 -Boulevard (1960)
  • 火刑の部屋 -La Chambre ardente (1962)
  • フランス式十戒 -Le Diable et les dix commandements (1962)
  • めんどりの肉 -Chair de poule (1963)
  • 悪魔のようなあなた -Diaboliquement vôtre (1967)

脚注[編集]

  1. ^ デュヴィヴィエは1925年にも「にんじん」の映画化を手がけており(fr:Poil de carotte (film, 1925))、本作は2度目の映画化となる。
  2. ^ エミール・ゾラの『ルーゴン・マッカール叢書」の一つ『ごった煮』の映画化。