ジュリアン・ベイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジュリアン・ベイリー
Julian Bailey 1991 USA.jpg
ベイリー (1991年アメリカGP)
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
(イングランドの旗 イングランド)
出身地 同・ロンドンウーリッジ
生年月日 (1961-10-09) 1961年10月9日(57歳)
F1での経歴
活動時期 1988,1991
所属チーム '88 ティレル
'91 ロータス
出走回数 20 (7スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
最終戦 1991年モナコGP
テンプレートを表示

ジュリアン・ベイリーJulian Bailey, 1961年10月9日 - )は、イギリスの元レーシングドライバー

来歴[編集]

1980年、フォーミュラ・フォードでレースデビューし、1982年にブランズハッチで行われたフォーミュラ・フォード・フェスティバルで総合優勝を成し遂げ、1983年にはフォーミュラ・フォード2000に転向し、2年連続チャンピオンに輝いている。1985年からイギリスF3選手権に参戦し、ランキング6位を記録。1987年には国際F3000に参戦し、第7戦ブランズハッチでは初優勝をマークしている。1988年にはスポンサーを持参し、ティレルからF1デビュー。

F1[編集]

1988年[編集]

ティレルから念願のF1デビューとなったが、この年に開発したティレル・017はダウンフォース不足に悩まされ、決勝に進出したのはわずか6回・無得点に終わり、チームメイトのジョナサン・パーマーに対して2勝14敗と大きく負け越した。シーズン終了後、一時F1から離れ、日産からスポーツカーレースに参戦した。

1991年[編集]

スポーツカーレース参戦後、負傷したマーティン・ドネリーの代役としてロータスと契約し、3年ぶりのF1復帰を果たす[1]。だがこの時のロータスはメインスポンサーなしと、チーム存続が危ぶまれている状況だったが、3年前にデビュー戦となったサンマリノグランプリで6位入賞(自身初入賞)を果たす。さらにチームメイトのミカ・ハッキネンも5位入賞し、チームとしては唯一のダブル入賞となった。しかしながらベイリーがポイント獲得と決勝進出はこのサンマリノグランプリのみであり、第4戦終了後には資金難のためジョニー・ハーバートにシートを譲り、F1シートを失った。

その後[編集]

1993年にはトヨタからイギリスツーリングカー選手権、2000年にはリスター・ストームからFIA GT選手権に参戦し、見事シリーズチャンピオンに輝いた。

現在はドライバーから引退し、ESPNのF1中継ゲスト解説者として活動中。

人物[編集]

  • レーサーとして活動する以前はロンドン北部でパブを経営しており、レース活動を本格化させるためにパブを売却した。
  • 幼少期は貧しく、成人してからも読み書きが不得意だったという。

レース戦績[編集]

F1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1988年 ティレル 017 BRA
DNQ
SMR
Ret
MON
DNQ
MEX
DNQ
CAN
Ret
DET
9
FRA
DNQ
GBR
16
GER
DNQ
HUN
DNQ
BEL
DNQ
ITA
12
POR
DNQ
ESP
DNQ
JPN
14
AUS
DNQ
NC
(26位)
0
1991年 ロータス 102B USA
DNQ
BRA
DNQ
SMR
6
MON
DNQ
CAN MEX FRA GBR GER HUN BEL ITA POR ESP JPN AUS 18位 1

(key)

世界スポーツプロトタイプカー選手権[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1989年 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル 日産・R89C C1 SUZ
DIJ
15
JAR
8
BRH
Ret
NÜR
Ret
DON
3
SPA
3
MEX
12
11位 27
1990年 日産・R90CK C1 SUZ
MON
7
SIL
NC
SPA
3
DIJ
3
NÜR
DON
6
MTL
2
MEX
2
9位 18

FIA GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1997年 リスター・ストーム・レーシング リスター・ストーム GTL GT1 HOC
SIL
HEL
NÜR
SPA
A1R
SUZ
DON
MUG
SEB
Ret
LAG
Ret
NC 0
1999年 リスター・ストーム GT MON
Ret
SIL
Ret
HOC
4
HUN
ZOL
12
OSC
DON
2
HMS
LAG
ZHU
19位 9
2000年 GT VAL
1
EST
1
MON
3
SIL
1
HUN
Ret
ZOL
1
A1R
Ret
LAU
3
BRN
2
MAG
1
1位 59
2001年 GT MON
Ret
BRN
9
MAG
5
SIL
Ret
ZOL
Ret
HUN
4
SPA
A1R
4
NÜR
6
JAR
5
EST
7
21位 11

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
1989年 日本の旗 NISMO イギリスの旗 マーク・ブランデル
イギリスの旗 マーティン・ドネリー
日産・R89C C1 5 DNF DNF
1990年 日本の旗 NISMO イギリスの旗 マーク・ブランデル
イタリアの旗 ジャンフランコ・ブランカテリ
日産・R90CK C1 142 DNF DNF
1997年 イギリスの旗 ニューカッスル・ユナイテッド リスター ブラジルの旗 トマ・エルドス
オーストラリアの旗 マーク・スカイフ
リスター・ストーム GTL GT1 77 DNF DNF
2001年 イギリスの旗 MG スポーツ&レーシング Ltd. イギリスの旗 マーク・ブランデル
イギリスの旗 ケビン・マクガリティー
MG-ローラ・EX257 LMP675 92 DNF DNF
2002年 イギリスの旗 MG スポーツ&レーシング Ltd. イギリスの旗 マーク・ブランデル
イギリスの旗 ケビン・マクガリティー
MG-ローラ・EX257 LMP675 219 DNF DNF

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロータスの代役にジュリアン・ベイリー F1速報 1991アメリカ 21頁 ニューズ出版

関連項目[編集]