ジュリアン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジュリアン
Jusqu'à la garde
監督 グザヴィエ・ルグラン
脚本 グザヴィエ・ルグラン
製作 アレクサンドル・ガヴラスフランス語版
出演者 レア・ドリュッケールフランス語版
トマ・ジオリア
ドゥニ・メノーシェ
撮影 ナタリー・デュランフランス語版
編集 ヨルゴス・ランプリノス
製作会社 KG Productions
配給 フランスの旗 オー・エ・クールフランス語版
日本の旗 アンプラグド
公開 フランスの旗 2018年2月7日
日本の旗 2019年1月25日[1]
上映時間 93分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
興行収入 フランスの旗 $2,803,876[2]
テンプレートを表示

ジュリアン』(Jusqu'à la garde)は、2017年フランスサスペンス映画グザヴィエ・ルグラン初の長編映画監督作品[3]で、出演はトマ・ジオリアとドゥニ・メノーシェなど。 ドメスティックバイオレンスを題材とし、第86回アカデミー賞短編映画賞にノミネートされた2013年の映画すべてを失う前にフランス語版』の長編バージョンである[4]。本国フランスで40万人動員のロングランヒットを記録した[5]

2017年8月から9月にかけて開催された第74回ヴェネツィア国際映画祭に出品され、銀獅子賞(監督賞)を受賞している。 日本ではフランス映画祭2018において『CUSTODY/カストディ』のタイトルで上映されたのち、2019年に一般劇場公開された[4]

ストーリー[編集]

ミリアムは夫アントワーヌと離婚し、ミリアムはジョゼフィーヌとジュリアンの2人の子供を引き取ったが、ジュリアンについては親権内容を争った末、離婚調停の取り決めで親権は共同と決められたため、ジュリアンは隔週の週末ごとに別れた父アントワーヌと過ごすことになる。

しかし、ミリアムはアントワーヌに絶対に会おうとせず、電話番号も住所も伝えない。アントワーヌにDV癖があったためだ。アントワーヌはジュリアンに面会する度に母の居場所を聞き出そうとするが、彼も母親を守るため必死に嘘をつき続ける。

アントワーヌの不満は徐々に高まっていき、そしてある日、ついに怒りに満ちたアントワーヌが家に乗り込んでくる。

キャスト[編集]

  • ジュリアン・ベッソン: トマ・ジオリア - 11歳の少年。
  • ミリアム・ベッソン: レア・ドリュッケールフランス語版 - ジュリアンの母。
  • アントワーヌ・ベッソン: ドゥニ・メノーシェ - ジュリアンの父。
  • ジョゼフィーヌ・ベッソン: マティルド・オネヴ - ジュリアンの姉。18歳。
  • サミュエル: マチュー・サイカリフランス語版 - ジョゼフィーヌの恋人。ミュージシャン。
  • シルヴィア: フロランス・ジャナス - ミリアムの妹。
  • マドレーヌ: マルティーヌ・ヴァンドヴィルフランス語版 - アントワーヌの母。
  • ジョエル: ジャン=マリー・ヴァンランフランス語版 - アントワーヌの父。
  • ナニー: マルティーヌ・シャンバッハー - ミリアムの母。
  • アンドレ: ジャン=クロード・ルゲーフランス語版 - ミリアムの父。
  • 裁判官: サディア・ベンタイエブ
  • ミリアムの弁護士: ソフィー・パンスマイユ
  • アントワーヌの弁護士: エミリー・アンセルティ=フォルメンティニ

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、114件の評論のうち、95%にあたる108件が高く評価しており、平均で10点満点中7.9点を得ている[6]Metacriticによれば、21件の評論の全てが高く評価しており、平均で100点満点中83点を得ている[7]アロシネによれば、メディアによる34件の評論のうち31件が5点満点中4点以上をつけており、平均で4.2点を得ている[8]

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ “ヴェネツィア銀獅子賞「ジュリアン」公開、別れた両親の間で揺れ動く少年描く”. 映画ナタリー. (2018年9月11日). https://natalie.mu/eiga/news/299019 2019年1月22日閲覧。 
  2. ^ Custody (2018) - International Box Office Results” (英語). Box Office Mojo. 2019年9月3日閲覧。
  3. ^ “長編デビューでヴェネチア銀獅子賞、X・ルグラン監督『ジュリアン』1月公開”. CINRA.NET. (2018年9月11日). https://www.cinra.net/news/20180911-Julien 2019年1月22日閲覧。 
  4. ^ a b ジュリアン”. allcinema. 2019年9月2日閲覧。
  5. ^ “父親の狂気が少年を追い詰めていく…銀獅子賞受賞サスペンス1月公開”. シネマトゥデイ. (2018年10月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0104161 2019年1月22日閲覧。 
  6. ^ Custody (Jusqu'à la garde) (2018)” (英語). Rotten Tomatoes. 2019年9月3日閲覧。
  7. ^ Custody Reviews” (英語). Metacritic. 2019年9月3日閲覧。
  8. ^ Critiques Presse pour le film Jusqu’à la Garde” (フランス語). AlloCiné. 2019年9月3日閲覧。
  9. ^ Anderson, Ariston (2017年7月27日). “Venice Competition Includes Films From George Clooney, Guillermo del Toro, Darren Aronofsky”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2017年7月27日閲覧。
  10. ^ Anderson, Ariston (2017年9月9日). “Venice: Guillermo del Toro Wins Golden Lion for 'The Shape of Water'”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2017年9月9日閲覧。
  11. ^ Palmarès par recherche - Académie des Arts et Techniques du Cinéma
  12. ^ “第44回セザール賞最優秀作品賞受賞!映画『ジュリアン』作品賞、 主演女優賞、脚本賞、編集賞受賞4冠の快挙!ー現在公開中”. anemo.co.jp. (2019年2月25日). https://www.anemo.co.jp/movienews/newmovie/julien-14-20190225/ 2019年2月25日閲覧。