ジュリスベル・グラシアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はグラシアル第二姓(母方の)はガルシアです。(Template:スペイン語圏の姓名)
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ユリスベル・グラシアル
ジュリスベル・グラシアル
Yurisbel Gracial
福岡ソフトバンクホークス #27
Hawks-Yurisbel Gracial Garcia.jpg
2021年5月4日福岡PayPayドームにて
基本情報
国籍  キューバ
出身地 グァンタナモ州グアンタナモ
生年月日 (1985-10-14) 1985年10月14日(35歳)
身長
体重
187 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手左翼手
初出場 NPB / 2018年4月19日
年俸 3億5,000万円(2021年)
※2020年から2年契約[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
WBC 2017年
プレミア12 2015年2019年

ジュリスベル・グラシアル・ガルシアYurisbel Gracial Garcia[注 1], 1985年10月14日 - )は、キューバ共和国グァンタナモ州グアンタナモ出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

祖父が軍人であり、自身も中学3年間を軍隊学校の寮生活で過ごした。高校を経て大学もハバナにある軍隊学校へ進学し、在学中にミリタリーの資格を取っている。卒業後はマタンサスで軍の仕事に従事していたが、この間もナショナルチームに所属し野球は続けていた。23歳の頃に仕事と野球の両立が難しくなり、両方を天秤に掛けた結果、より好きだった野球の道に進む事を選択した[3]

2009年 - 2010年シーズンからキューバの国内野球リーグ セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボルココドゥリロス・デ・マタンサスでプレーした。

2016年独立リーグカナディアン・アメリカン・リーグケベック・キャピタルズと契約を結んだ[4]

2017年3月、第4回WBCキューバ代表に選出された[5]。2次ラウンドの日本戦では菅野智之から本塁打を放っている[6]。この年も前年に続きケベック・キャピタルズに派遣された。

ソフトバンク時代[編集]

2018年2月13日に福岡ソフトバンクホークスへの派遣が発表された[7]。故障離脱したデニス・サファテ外国人枠を埋める形で一軍に昇格するも、5月24日の試合で牽制死の際の帰塁時に左手薬指を骨折し戦線離脱[8]。その後一時帰国を経て8月から復帰し、終盤戦では打線の主軸としてチームに貢献、54試合の出場で打率.292、9本塁打、30打点、出塁率.347の成績を残す。8月26日の埼玉西武ライオンズ戦では12回裏に増田達至からサヨナラ満塁本塁打を打っている[9]。さらにポストシーズンでは打率.455を記録するなど、チームのシーズン2位からの日本一にも貢献した。

2019年1月19日にはキューバ政府との交渉が難航したことから契約保留選手名簿から外れたが、ソフトバンクと再契約[10]。開幕スタメンに名を連ねた。しかし、4月5日の試合でスイングの際に左脇腹を負傷し戦線離脱[11]。5月から戦線復帰すると、主に左翼手として起用され、前半戦終了まで打線の中軸として活躍。自身初のオールスターゲームにも代替選手として選出された[12]。前年に続いて母国キューバ代表に合流するため7月に一時帰国し、約1か月間離脱[13]。8月10日の復帰戦では安打を打つと[14]、その後も打線の中軸としてシーズン終了まで好調を維持した。規定打席には33打席足りなかったものの、103試合の出場で打率.319、28本塁打、68打点、出塁率.365を記録し、前年を上回る好成績を残した。西武とのCSでは、第1戦の7回ザック・ニールからソロ本塁打、第2戦の7回カイル・マーティンからソロ本塁打、第4戦の4回から本田圭佑からソロ本塁打を打ち、チームの日本シリーズ進出に貢献した。また読売ジャイアンツとの日本シリーズでは、第1戦に山口俊から逆転2ラン、第3戦に髙橋優貴から同点ソロ、第4戦は菅野智之から3ランと4試合で打率.375、3本塁打、7打点の活躍でシリーズMVPを獲得し[15]、チームの日本シリーズ3連覇に大きく貢献した。クライマックスシリーズでの3本塁打を含め計6本塁打を記録しており、同一年のポストシーズンで6本塁打以上を記録したのは2004年の和田一浩西武ライオンズ)に次いで2人目である[16]。キューバ代表として臨んだ第2回WBSCプレミア12では、オープニングラウンドの試合に3戦フル出場するも無安打に終わり、チームもスーパーラウンド進出を逃している。

2020年1月23日に新たに球団と2年契約を結んだ[17]。しかし同年3月、前年最終盤に痛めていた右手小指を骨折していたことが明らかとなった[18]。その治療とリハビリを行うためにキューバに帰国していたが、新型コロナウイルス流行の影響によってキューバから出国できない状態となったため、6月のシーズン開幕には間に合わなかった[19]。7月19日に来日し、隔離と調整[20]を経て8月18日に一軍昇格即スタメンでようやくシーズン初出場を果たした。復帰後は打線の中軸として活躍、10月に調子を上げ、10月10日の千葉ロッテマリーンズ戦から10月23日までの西武戦まで12連勝中の打撃成績は44打数18安打の打率.409、2本塁打、12打点を記録し、10試合連続安打を記録した[21]。10月31日には打率3割に乗せたが、11月の5試合では19打数無安打に終わり、シーズン全体では打率.277、10本塁打、35打点、出塁率.326を記録し、リーグ優勝に貢献した。巨人との日本シリーズでは、前年に引き続き第1戦から2試合連続2安打を打ち、第2戦は3回に戸郷翔征から2点本塁打を打った[22]2018年の第3戦から[注 2]このシリーズ第2戦まで9試合連続得点を記録するなどチームの日本一4連覇に貢献した。

2021年も新型コロナウイルス流行の影響があり、来日が2月中旬でオープン戦出場が開幕1週間前(3月19日)と調整が遅れた[23]。3月26日の開幕戦には「4番・左翼手」として先発出場[24]。開幕後は好調を続け、打率.304、5本塁打、15打点を記録していたが、5月8日のライオンズ戦で二塁走者として二塁に帰塁した際に呉念庭と接触し、右手の指を負傷して途中交代。病院で「右第3・4指PIP橈側側副靭帯損傷」「右第4指基節骨剥離骨折」と診断され、離脱した[25]

選手としての特徴[編集]

走攻守3拍子揃った選手。打撃ではミート力があり、逆方向への捌きが優れているだけでなく、ボールを芯で捉える技術やパンチ力も兼備しており、アベレージヒッターとしてもパワーヒッターとしても振る舞える。また、ここ一番での勝負強さも光る[26]

守備では三塁手左翼手を中心に投手捕手以外のポジションを守れるユーティリティープレイヤー。来日以降は主に左翼を守る[26]

人物[編集]

日本での愛称は「ジュリ様[27]、「グラ様」など[28]

憧れの選手としてアントニオ・パチェコを挙げている[3]

チームメイトの髙谷裕亮と仲が良く、本塁打を放つとボクシングパフォーマンス(シャドーボクシングでやられ役の髙谷をKO)を行う[29]。2020年には髙谷が不在の際は、ウラディミール・バレンティンを相手にパフォーマンスを行った[30]。また、反対に髙谷が本塁打を打った際は、髙谷がグラシアルをKOするパフォーマンスを見せる[31]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009-2010 MTZ 40 121 111 11 35 4 0 2 45 17 4 3 2 0 8 1 0 22 4 .315 .361 .405 .767
2010-2011 88 360 322 59 94 10 4 20 172 63 3 4 1 0 31 2 6 58 12 .292 .365 .534 .899
2011-2012 92 410 351 84 115 16 6 15 188 68 12 5 0 4 49 9 6 46 6 .328 .415 .536 .950
2012-2013 87 372 324 47 93 14 4 6 133 57 10 8 3 2 40 12 3 53 7 .287 .369 .410 .779
2013-2014 66 265 230 41 65 9 2 8 102 40 8 4 1 2 27 5 5 31 6 .283 .367 .443 .811
2014-2015 74 285 218 42 66 9 3 5 96 38 24 5 4 1 53 6 9 28 10 .303 .456 .440 .896
2015-2016 85 383 313 69 102 21 4 15 176 64 25 9 1 3 61 13 5 37 5 .326 .440 .562 1.002
2016-2017 52 202 164 33 52 7 1 3 70 19 10 4 2 0 31 5 5 25 5 .317 .440 .427 .867
2017-2018 51 228 184 43 66 16 1 8 108 38 14 0 1 2 36 1 5 28 0 .359 .471 .587 1.058
2018 ソフトバンク 54 202 185 29 54 6 1 9 89 30 1 0 0 1 15 0 1 34 8 .292 .347 .481 .828
2019 103 410 373 61 119 17 1 28 222 68 4 3 4 4 22 1 7 84 10 .319 .365 .595 .960
2020 69 276 256 30 71 12 0 10 113 35 2 0 0 1 16 2 3 62 2 .277 .326 .441 .767
SNB:9年 635 2628 2217 429 688 106 25 82 1090 404 110 42 15 14 336 54 44 328 55 .310 .409 .492 .901
NPB:3年 226 888 814 120 244 35 2 47 424 133 7 3 4 6 53 3 11 180 20 .300 .348 .521 .869
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 2019年は規定打席に33打席不足するが、規則により長打率がリーグ最高となった[32]
  • キューバで通常用いられる個人通算成績は、プレーオフや選抜リーグなども合算するため、この表の合計とは一致しない。

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 外野
















































2018 ソフトバンク 1 13 2 1 1 .938 2 2 3 0 1 1.000 1 1 0 0 0 1.000 31 48 1 2 1 .961
2019 1 15 0 1 0 .938 0 0 0 0 0 ---- 0 0 0 0 0 ---- 99 129 3 5 0 .964
2020 - - 6 6 5 2 0 .846 46 49 2 0 0 1.000
NPB 1 28 2 2 1 .938 2 2 3 0 1 1.000 7 7 5 2 0 .857 176 226 6 7 1 .971
  • 2020年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

NPB
  • 27(2018年 - )

登場曲[編集]

  • 「Hula Hoop」Daddy Yankee(2018年)
  • 「Scooby Doo Pa Pa」Dj Kass(2018年 - )
  • 「RITMO (Bad Boys For Life)」Black Eyed Peas & J Balvin(2021年 - )
  • 「Como Te Descargo」Yomil y El Dany(2021年 - )

[33]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ スペイン語発音: [ɟ͡ʝu.ɾis̬.ˈβɛl ɡɾa.ˈsjal ɡaɾ.ˈsi.a][2]
  2. ^ 2018年の日本シリーズ第4戦は試合出場なし。

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク 2021年 年俸一覧”. スポーツ報知. 2021年5月1日閲覧。
  2. ^ スペイン語の発音記号変換ツール”. easypronunciation.com. 2019年5月5日閲覧。
  3. ^ a b 「NO LATIN, NO BASE BALL」ソフトバンク・グラシアルに一問一答”. スポーツ報知 (2018年10月12日). 2019年10月24日閲覧。
  4. ^ Le trio cubain des Capitales enfin dévoilé | Carl Tardif | Capitales
  5. ^ Puerto Rico wins clash with Dominicans at World Baseball Classic
  6. ^ 【ソフトバンク】WBCで菅野撃ちのキューバ大砲グラシアル獲得へ”. スポーツ報知 (2017年12月30日). 2021年5月9日閲覧。
  7. ^ ジュリスベル・グラシアル選手入団のお知らせ”. 福岡ソフトバンクホークス (2018年2月13日). 2021年5月9日閲覧。
  8. ^ ソフトBグラシアル左手薬指骨折 復帰まで2カ月”. 西日本スポーツ (2018年5月26日). 2021年5月9日閲覧。
  9. ^ ソフトBが来た!9連勝で西武と5差 グラシアルが球団19年ぶりサヨナラ満弾”. 西日本スポーツ (2018年8月26日). 2021年5月9日閲覧。
  10. ^ ソフトバンクのグラシアルが再契約 「去年以上の活躍できるよう」”. 西日本スポーツ (2019年1月19日). 2019年4月14日閲覧。
  11. ^ ソフトバンク連敗 グラシアル離脱助っ人陣気掛かり” (日本語). 日刊スポーツ (2019年4月6日). 2019年6月13日閲覧。
  12. ^ ソフトバンク・グラシアル初球宴「楽しみたい」” (日本語). 日刊スポーツ (2019年7月19日). 2019年7月19日閲覧。
  13. ^ ソフトバンク痛手 助っ人グラシアル7月に一時帰国 最長1カ月” (日本語). 西日本スポーツ (2019年5月28日). 2019年6月13日閲覧。
  14. ^ ソフトバンク・グラシアル 安打より勝利喜ぶ” (日本語). 西日本スポーツ (2019年8月11日). 2019年8月11日閲覧。
  15. ^ ソフトB・グラシアル 連続MVPより“フォア・ザ・チーム”「貢献しか考えていない」”. スポーツニッポン (2020年11月18日). 2021年5月9日閲覧。
  16. ^ グラシアル、肩書付き日本シリーズ殊勲弾3本はパ初” (日本語). 日刊スポーツ (2019年10月24日). 2020年1月26日閲覧。
  17. ^ ソフトバンクがデスパイネとグラシアルと契約更新”. 日刊スポーツ (2020年1月23日). 2021年4月28日閲覧。
  18. ^ ソフトバンク・グラシアル 右手骨折していた” (日本語). 西日本スポーツ (2020年3月7日). 2020年8月26日閲覧。
  19. ^ ソフトバンク、デスパイネ&グラシアルは開幕絶望的” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2020年5月25日). 2020年8月26日閲覧。
  20. ^ 鷹、デスパイネとグラシアルの来日を発表 出入国時のPCR検査は共に陰性” (日本語). Full-Count (2020年7月20日). 2020年8月26日閲覧。
  21. ^ 泥くさいソフトバンクの4番グラシアル バットだけではない12連勝への献身”. 西日本スポーツ (2020年10月23日). 2021年5月1日閲覧。
  22. ^ グラシアル1号、日本シリーズ最長タイ9戦連続得点”. 日刊スポーツ (2020年11月23日). 2021年5月9日閲覧。
  23. ^ “ソフトバンク・グラシアルも開幕OK コロナ禍で来日遅れも「心配ないよ」”. 西日本スポーツ. (2021年3月19日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/709375/ 2021年4月24日閲覧。 
  24. ^ ソフトバンク4番グラシアル、ロッテ鳥谷が開幕スタメン”. 西日本スポーツ (2021年3月26日). 2021年5月9日閲覧。
  25. ^ ソフトバンク・グラシアル右手剥離骨折と靱帯損傷 西武呉念庭と接触”. 日刊スポーツ (2021年5月8日). 2021年5月9日閲覧。
  26. ^ a b 【注目選手】ジュリスベル・グラシアル |ソフトバンク|パ・リーグ|プロ野球 | DAZN News 日本” (日本語). DAZN (2021年1月7日). 2021年3月24日閲覧。
  27. ^ 鷹の“ジュリ様”グラシアルが決勝2ラン ポストシーズン4発目「メンタルの状態いい」” (日本語). Full-Count (2019年10月20日). 2021年3月24日閲覧。
  28. ^ ソフトバンク大竹救ったグラ様V弾 盟友デスパイネとベンチで話したこと” (日本語). 西日本スポーツ (2019年6月14日). 2021年3月24日閲覧。
  29. ^ 6回、3ランを放ったグラシアルは高谷(左)を相手にシャドーボクシングのパフォーマンス 写真” (日本語). 西日本スポーツ (2019年7月5日). 2021年3月24日閲覧。
  30. ^ ソフトバンク・グラシアルがバレをKO? 10号ソロに笑顔で“ボコボコ”” (日本語). 西日本スポーツ (2020年10月17日). 2021年3月24日閲覧。
  31. ^ ソフトバンク高谷がグラシアルに大反撃でファン歓喜”. 西日本スポーツ (2020年8月26日). 2021年3月24日閲覧。
  32. ^ 2019年度 パシフィック・リーグ 【長打率】 リーダーズ(打撃部門)”. 日本野球機構オフィシャルサイト. 2021年5月9日閲覧。
  33. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2021年3月13日閲覧。

関連項目[編集]