ジュリー・クワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジュリー・クワン
Julie Coin
Tennis pictogram.svg
Coin WMQ13-004.jpg
ジュリー・クワン
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・アミアン
生年月日 (1982-12-02) 1982年12月2日(36歳)
身長 172cm
体重 65kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1999年
引退年 2015年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 532勝394敗
シングルス 362勝269敗
ダブルス 170勝125敗
生涯獲得賞金 $815,962
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2009・10)
全仏 2回戦(2009)
全英 1回戦(2009・10)
全米 3回戦(2008)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2010)
全仏 3回戦(2014)
全英 1回戦(2009・10)
全米 2回戦(2009)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 60位(2009年7月27日)
ダブルス 49位(2010年4月19日)
テンプレート  プロジェクト テニス

ジュリー・クワンJulie Coin, 1982年12月2日 - )は、フランスアミアン出身の女子プロテニス選手。2009年ジャパン・オープン女子シングルス優勝者になった選手である。WTAツアー大会では、シングルス・ダブルスともに優勝はない。自己最高ランキングはシングルス60位、ダブルス49位。身長172cm、体重65kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

クワンは少女時代にアメリ・モレスモと同じクラブでテニスを習っていたが、アメリカサウスカロライナ州にあるクレムゾン大学に入学し、大学で数学の学位を取得した。2002年から2005年まで大学の学生テニス選手として活動したことから、彼女のプロテニスツアーでの経歴開始はかなり遅い。クワンが世界的な知名度を獲得したのは、2008年全米オープンの女子シングルス3回戦進出だった。それまでツアー成績が良くなかったことから、彼女は2008年度を最後にプロテニス界から撤退しようかと考えたという(女子ツアー公式プロフィールによる)。この全米オープンで、彼女は予選3試合を勝ち上がり、初めて4大大会のシングルス本戦出場権を得た。2回戦で当年度の全仏オープン優勝者、第1シードのアナ・イバノビッチセルビア)を 6-3, 4-6, 6-3 で破る大番狂わせを起こし、クワンは25歳にして一躍有名になった。続く3回戦では、かつて同じクラブの練習仲間であったモレスモに 4-6, 4-6 のストレートで敗退した。

2009年度の彼女は、ウィンブルドンを除く3大会で2回戦に進出した。10月第2週の楽天ジャパン・オープンで、クワンは第1シードとして出場し、決勝でオリガ・サブチュク(ウクライナ)を 7-6(8-6), 4-6, 7-6(8-6) で破って初優勝を決めた。ジャパン・オープンの女子部門は、2009年よりWTAツアーから降格され、ITF下部レベルのサーキット大会になった。したがって、これはクワンのITFサーキット大会シングルス7勝目になるものの、WTAツアー初優勝ではない。

クワンは2010年に初めて女子国別対抗戦フェドカップの代表に選ばれた。アメリカとの1回戦で、メラニー・ウダンに 6-7(3), 4-6 で敗れフランスチームも1勝4敗で敗れたが、ドイツとの入れ替え戦では2勝2敗で迎えた最終戦のダブルスにアリーゼ・コルネとのペアで出場し、アンドレア・ペトコビッチ&クリスティナ・バロイス組に 6-3, 6-1 で勝利して残留を決めた。2011年のロシアとの1回戦は2勝2敗で迎えたダブルスにコルネと組んで再び出場したが、スベトラーナ・クズネツォワ&アナスタシア・パブリュチェンコワ組に 6-7(4), 0-6 で敗れ、フランスは2勝3敗で敗退した。

2011年頃からはランキングが下がり女子ツアー下部大会でプレーしていたが、2015年11月の地元リモージュ大会を最後に現役を引退した。

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 通算成績
全豪オープン A A LQ 2R 2R A A LQ A A 2–2
全仏オープン LQ LQ LQ 2R 1R LQ LQ LQ A LQ 1–2
ウィンブルドン A A LQ 1R 1R A A LQ A LQ 0–2
全米オープン A LQ 3R 2R 1R A LQ LQ A LQ 3–3