ジューク・ボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジューク・ボックスは、過去にジャニーズ事務所に所属していた1970年代のグループである。

概要[編集]

  • ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川は、ジューク・ボックスを作るに当たり、名前のイニシャルがAからZまで全て揃った26人のメンバーを集め、ミュージカルを上演できるようなグループを作りたいという構想を練っていた。しかし実際にはアルファベット全26文字に見合う名前の人間を揃える事は難しく、当時のジャニーズJr.の人気投票上位5名で1969年末に結成。その後、日本テレビ『プラチナゴールデンショー』にレギュラー出演し、フォーリーブスのバックを務める。
  • メンバーを入れ替えた後、4名で1970年10月10日に『さよならの祈り』でキャニオンレコード(現:ポニーキャニオン)の第一号アーティストとしてレコードデビューを飾った。
  • その後も更にメンバーチェンジや脱退者が有り、最終的には小谷と風間の2名だけとなった。
  • シングルレコードを4枚、アルバムを2枚、クリスマスEPを1枚リリース。
  • 1973年に解散。

メンバー[編集]

小谷 典由(こたに つねよし)
愛称はピピ。愛称はアイドル雑誌で、一般募集で決まる。結成当時からのメンバー。東京都練馬区出身。
途中で「小谷 純」に改名。後楽園ゆうえんちフォーリーブスのショーを観に行った際、ジャニー喜多川にスカウトされた。


風間 忠芳(かざま ただよし)
愛称はターちゃん。岡のりおと交替で、グループ最後期に加入。レコード作品への参加は無かったが、ミュージカル「僕がうたうとき!」や、日劇「ウエスタン・カーニバル」などに出演した。グループ加入前には「森下登喜彦 + HIS FRIENDS」のメンバーとして、1972年のアルバム『TOCCATA(トッカータ)』にボーカリストで参加していた事がある。芸能界引退後は、新所沢にて居酒屋「風車」を経営。

メンバーの変遷[編集]

メンバーの脱退・加入が非常に激しく、メンバー構成は6期に分かれる。

  • 第一期メンバー(1969年末~)
    • 円谷弘之、小谷典由、吉本暁弘、近藤昌、行田和彦
  • 第二期メンバー(1970年夏)
    • 円谷弘之、小谷典由、吉本暁弘、近藤昌
  • 第三期メンバー(レコードデビュー時)
    • 円谷、小谷純(旧:小谷典由)、吉本、やなせかおる
  • 第四期メンバー(1971年初頭~)
    • 円谷、小谷、吉本あき弘(旧:吉本暁弘)、岡典雄
  • 第五期メンバー(1972年~)
    • 円谷、小谷、吉本、風間忠芳
  • 第六期メンバー(1972年5月~)
    • 小谷、吉本、風間
  • 第七期メンバー
    • 小谷、風間

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

おれは男だ!
1971年9月26日、日本テレビ
第23話「ナツコ・オン・ステージ!」にゲスト出演。 このドラマの中でジューク・ボックスはバンドスタイルで登場し、楽器を持って、自身の曲でもある『君にいかれて』『なぜに君は生きる』『若者の四重奏』を演奏するシーンもあったが、レコード音源と思われる。また、この回のみBGMとして、アルバム「若者の四重奏」から多々使用されている。ラストシーンには、『ほほの涙を虹にして』がバックに流れてエンディングを飾っている。ちなみに、このドラマの第1話と第2話には、事務所の先輩のフォーリーブスも同じくゲスト出演している。

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

ミュージカル[編集]

  • 少年たちシリーズ~フォーリーブス・ミュージカル「太陽からの少年」 (1971年4月)
  • 少年たちシリーズ~フォーリーブス・ライブ・ミュージカル「生きていくのは僕たちだ!」
    1972年1月、帝国劇場芸術祭参加作品)
  • ミュージカル 「僕がうたうとき!」 (1972年8月)

日本劇場でのステージ[編集]

  • 第42回ウエスタン・カーニバル (1970年8月25日 - 9月1日)
  • 第43回日劇新春ウエスタン・カーニバル (1971年1月15日 - 22日)
  • 第44回日劇ウエスタン・カーニバル~みんなで踊ろう! (1971年4月23日 - 29日)
  • 第45回ウエスタン・カーニバル (1971年8月27日 - 9月2日)
  • 第46回ウエスタン・カーニバル (1972年1月15日 - 22日)
  • 第49回ウエスタン・カーニバル 「フォーリーブスショー」 (1973年5月4日、小井戸秀宅と共に北公次が振付を担当)

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • さよならの祈り c/w 海に沈めて  作詞:山上路夫 / 作・編曲:鈴木邦彦(1970年10月10日)
  • 愛で胸はいっぱい c/w 朝に夕べに
  • 君にいかれて c/w なぜに君は生きる (1971年6月)[1]
  • 若者の四重奏 c/w ほほの涙を虹にして (1971年7月)
  • メリー・クリスマス(1971年11月、6曲入りEP)

アルバム[編集]

  • はじめまして ジューク・ボックスです(1970年)
  • 若者の四重奏(1971年)
  • フォーリーブス・ライブ・ミュージカル 生きていくのは僕たちだ!(フォーリーブスとの共演盤)

脚注[編集]

  1. ^ 『なぜに君は生きる』は、雑誌「週刊セブンティーン」にてファンから詞を一般公募。その詞を元に、山上路夫が補作詞した。

関連項目[編集]