ジュール・デュモン・デュルヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジュール・デュモン・デュルヴィル

ジュール・セバスティアン・セザール・デュモン・デュルヴィルJules Sébastien César Dumont d'Urville, 1790年5月23日 - 1842年5月8日)は、フランスの軍人・探検家。カルヴァドス県コンデ=シュル=ノワロー生まれ[1]。「デュモン・デュルヴィル」で姓である。

ギリシャ遠征中(1819年 - 1820年)、エーゲ海メロス島ミロのヴィーナスを交渉して買い入れフランス政府に保管させる。一生のうちに3度の世界周航を成し遂げた(1822年 - 1825年、1826年 - 1829年、1837年 - 1840年)。主に南太平洋やポリネシアを探検した。2度目の航海中、ヴァニコロ島の海底でラ・ペルーズ探検隊の遺物を発見した。3度目の航海では南極大陸の半島を発見し、妻の名前にちなみアデリーランドと名づけた。作成した地図・海図は100以上あり、第二次世界大戦が終わるまで修正されることなく使用された。

1842年5月8日、フランスのムードンで起きた列車事故(ベルサイユ鉄道事故)で焼死した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. 2018年6月4日閲覧。