ジョアン・カルロス・ダ・シウヴァ・ベント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はダ・シウヴァ第二姓(父方の)はベントです。
ジョアン・カルロス Football pictogram.svg
名前
本名 ジョアン・カルロス・ダ・シウヴァ・ベント
João Carlos da Silva Bento
愛称 ジョアン・カルロス・カヴァロ
ラテン文字 João Carlos
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1967-06-19) 1967年6月19日(51歳)
出身地 ラブレア
選手情報
ポジション MF[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1990 リオ・ネグロ
1990-1993 マツバラ
1993-1995 アトレチコ-PR
1995-1996 東京ガス
1997 イトゥアーノ
1997 サン・ライムンド-AM
1998 イピランガ-RS
1998 サンカルレンセ
1998-1999 ジョインヴィレ
1999 ブルメナウ
1999-2001 イヴェルドン
2002 リオ・ネグロ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョアン・カルロス・カヴァロ[2][3][4]ことジョアン・カルロス・ダ・シウヴァ・ベント(João Carlos da Silva Bento, 1967年6月19日 - )は、ブラジルアマゾナス州ラブレア[5][6][4]出身のサッカー指導者、元選手。

カヴァロは馬の意。ジョン・モーガン(ジョアンはジョンに相当)が主人公の映画「馬と呼ばれた男 (A Man Called Horse」に由来する[4]

来歴[編集]

20歳の時にアトレチコ・リオ・ネグロ・クルーベでデビュー[5]。1995年、アトレチコ・パラナエンセから東京ガスサッカー部(後のFC東京)へ移籍[5]。登録名はジョン・カルロス[1]。劣勢を覆すスーパーサブとして親しまれた[1]

34歳で現役を引退し[5]、古巣リオ・ネグロで指導者に転身[5]。2016年にはナシオナル・ファスト・クルーベを45年ぶりのカンピオナート・アマゾネンセ優勝に導いた[4]

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “流れ星”カルロスとの不思議な縁”. 2001年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月12日閲覧。 東京中日スポーツ (2001年10月16日)
  2. ^ a b João Carlos Cavalo deixa Rio Branco para coordenar América-MEX "B pt:GloboEsporte.com (2014年6月22日)(ポルトガル語)
  3. ^ a b João Carlos Cavalo é o novo comandante do Tricolor de Aço. ナシオナル・ファスト・クルーベ (2015年4月7日)(ポルトガル語)
  4. ^ a b c d João Carlos Cavalo relaxa com a família após tirar o Fast Clube da fila acritica (2016年10月30日)(ポルトガル語)
  5. ^ a b c d e João Carlos: carreira planejada Futebol de Norte (2006年1月26日)(ポルトガル語)
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Brasiliense anuncia João Carlos Cavalo como treinador CLUBE do ESPORTE DF (2014年2月24日)(ポルトガル語)