ジョアン・トマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はパタコ第二姓(父方の)はトマスです。
ジョアン・トマス Football pictogram.svg
名前
本名 ジョアン・エンリケ・パタコ・トマス
ラテン文字 João Henrique Pataco Tomás
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1975-05-27) 1975年5月27日(44歳)
出身地 アヴェイロ県オリヴェイラ・ド・バイロ
身長 188cm
体重 80kg
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1996 ポルトガルの旗 アナディア  ? (?)
1996-1999 ポルトガルの旗 アカデミカ 81 (28)
2000-2001 ポルトガルの旗 ベンフィカ 41 (19)
2001-2004 スペインの旗 ベティス 32 (7)
2003-2004 ポルトガルの旗 ヴィトーリア・ギマランイス 20 (3)
2004-2006 ポルトガルの旗 ブラガ 59 (30)
2006-2007 カタールの旗 アル・アラビ 17 (8)
2007 カタールの旗 アル・ライヤーン 9 (8)
2007-2008 ポルトガルの旗 ブラガ 10 (1)
2008-2009 ポルトガルの旗 ボアヴィスタ 28 (12)
2009-2010 ポルトガルの旗 リオ・アヴェ 15 (6)
2010 アラブ首長国連邦の旗 アル・シャールジャ 1 (2)
2010-2012 ポルトガルの旗 リオ・アヴェ 65 (34)
2013 アンゴラの旗 リボロ  ? (4)
代表歴
2000-2007 ポルトガルの旗 ポルトガル 4 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月30日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョアン・トマスJoão Henrique Pataco Tomás1975年5月27日 - )は、ポルトガル出身のサッカー選手。元ポルトガル代表である。ポジションはFW

経歴[編集]

クラブ[編集]

1993年にアナディアFCポルトガル語版からデビューしたが、1996年にアカデミカ・コインブラに移籍した後に注目され、ブラジルのマリオ・ジャルデウになぞらえてO Jardel de Coimbra(コインブラのジャルデウ)という愛称を得た。2000年にはSLベンフィカに移籍し、その翌年にはジョゼ・カラードと一緒にスペインリーガ・エスパニョーラレアル・ベティスに移籍した。2001-02シーズンは7得点を挙げたが、2002-03シーズンは出場機会に恵まれず、2003-04シーズンはヴィトーリアSCにレンタル移籍した。2004年にはSCブラガに移籍し、2004-05シーズンと2005-06シーズンにはリーグの得点ランキングで2位となった。2006年にはカタールアル・アラビ・ドーハに移籍し、アル・アラビ・ドーハとアル・ラーヤンSCで得点を量産した後、古巣ブラガに移った。しかし、2007-08シーズンは負傷がちであり、オーストリア代表ローランド・リンツが加入したこともあって出場機会に乏しかった。

2008年7月にはリーガ・デ・オンラ(2部)に降格したばかりのボアヴィスタFCに移籍した。2008-09シーズン開幕から2戦を終えた頃、カタールのアル・アラビ・ドーハと契約交渉を行ったが、移籍は実現せずにボアヴィスタFCに戻った。ボアヴィスタFCは2シーズン連続で降格となり、2009年6月、スーペル・リーガのリオ・アヴェFCに移籍した。2009-10シーズン途中までにリーグ戦では6点、公式戦全体では8点を決めていたが、2010年2月にはアラブ首長国連邦アル・シャールジャSCCに移籍した。同年7月、リオ・アヴェFCに復帰した。10月30日のブラガ戦 (2-0) で1得点し、同シーズンのリーグ戦初勝利に貢献した。なお、この試合の前半にはペナルティキックを失敗している。2010-11シーズンはFCポルトウルクに次いで得点ランキング2位の16得点を挙げた。2012年12月にアンゴラ・ジラボーラCRDリボロポルトガル語版に移籍[1]

代表[編集]

2000年11月15日のイスラエルとの親善試合 (2-1) でポルトガル代表デビューした。5年半ほど代表から遠ざかっていたが、2007年5月22日、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督によって久々に招集され、6月5日のクウェート戦 (1-1) で復帰すると、代表初得点を決めて見せた。

所属クラブ[編集]

2003-2004 →ポルトガルの旗 ヴィトーリアSC (loan)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Qoly.jp (2012年12月30日). “ジョアン・トマス、アンゴラリーグへ”. 2012年12月30日閲覧。